最近のトラックバック

楽天

あし@

  • あし@

カラーミーショップ

  • ★【 カラーミーショップ 】ならオールインワン★
    あっという間にショップオーナーに!!
    スマートフォンにも対応済み

FB

2009年6月29日 (月)

本棚の旅■マジンガーZ/永井 豪

書 名/マジンガーZ[起動編]
著者名/永井 豪
出版元/秋田書店 
判 型/B6判
定 価/571円+税
シリーズ名/AKITA TOP COMICS WIDE
初版発行日/2009年7月10日
収録作品/マジンガーZ

 テレビアニメ『真マジンガー衝撃Z編』の放送に合わせて原作コミックをコンビニ向け単行本として発行したもの。
 本作品は「少年ジャンプ」に連載された後、集英社のジャンプコミックス、朝日ソノラマのサンコミックス、講談社のKCコミックス、朝日ソノラマのサンワイドコミックス、講談社の講談社文庫コミック版などが刊行されているが、元判であるジャンプコミックと連載時の復刻である講談社文庫版以外はテレビアニメに合わせて、弓博士などが描き変えられている。今回の秋田書店版も、その描き変えられた版である。もっとも、サンコミックス、KCコミックスともに連載時とは収録順序が変わっていたので、描き変えられたものでの連載通りの収録はこれが初になるはずである。
 なのであるが、非常に残念なことに本書32ページは本来34ページになるはずで、33ページ、34ページはそれぞれ1ページずつ繰り上がっていなければならない。なぜこんな入れ違いが起きてしまっているのか理解に苦しむ。33ページが全面の断ち切り1枚画であることが理由なのかもしれないが、それにしても32ページに持ってこれないものではない。明らかな編集ミスといえるだろう。またところどころに挿入されたエピソードのサブタイトルも流れを無視した挿入のしかたで首をひねる。いくらコンビニ向けのお手軽単行本とはいえ、これではせっかくの名作も台無しではないか。
 

2009年6月24日 (水)

ジャングル大帝、テレビ新アニメシリーズ

フジテレビの開局50周年と手塚治虫生誕80周年を記念して「ジャングル大帝」のテレビシリーズが新しく作られているようです。
ですが…やっぱりなんか勘違いしてない? と思ってしまうのですよ、わたしは。
声のキャスティングも俳優やアナウンサーで視聴者の興味を引こうとしてるし、切り楽タキャラクター原案に天野善孝って、手塚のイメージから遠くないですか? シナリオも新進気鋭といいつつ、バラエティーの実績しかない人だし…。

ハリウッドで原作から離れたイメージの作品が作られるのはいたしかたないとしても、国内でこれでは…と、思ってしまうのです。

■ABCディ/貝塚ひろし

Photo ■ABCディ/貝塚ひろし

初出/まんが王・1968年1月号~8月号(秋田書店刊)
書誌/パンローリング・マンガショップシリーズ(全1巻)

 ABCの掛け声でヒーローに変身する貝塚ひろしのSF作品。
 ヒーローの乗り物に円盤を設定したのはこの時代としてはけっこう先駆けていたのではないだろうか。また地球空洞説、その空洞の中に地上の人類とは別の人類が、地上の人類よりも発達した科学文明を持っているなど、70年代にはいって多く描かれたSF漫画の設定もみられる。もっともその空洞世界やヒーローの力をなぜ地上の少年たちが与えられたのか、ということは詳しく触れられてはない。
 また空洞世界がリュウ王国、そこを治めているのがオート王女と、龍宮城、乙姫につなげているアイデアはなかなか面白い。このあたりをもっと掘り下げていたら、また違った展開もあったのでは、とちょっともったいない気もした。
 主人公は天文学の星島博士の子供、英二とその妹で静子、英二のクラスメイトのビー助の3人。それぞれA、B、Cに当てはめられたネーミングではあるが、なぜこの3人がヒーローとして選ばれたかということもあやふやなままだった。
 リュウ王国から3人のお守り役として犬が地上に派遣されてくるのだが、もうひとつ活躍がなかったのも惜しい。
 貝塚にはほかにも『1、2作戦』というヒーロー作品があるが、本作のABCといい、ちょっと勢いを感じるネーミングが好みなのかもしれない。
 

2009年1月24日 (土)

■ベビーテック/桑田次郎

Photo ■ベビーテック/桑田次郎

初出:日の丸(1959年9月号~61年7月号)
書誌:マンガショップシリーズ・全3巻
   アップルBOXクリエート・全4巻
   
『まぼろし探偵』『Xマン』『ガロロQ』と同時期に連載されていた作品。もうひとつの『まぼろし探偵』という味方もできるような内容だが、ベビーテックとなって活躍する健二少年の正体、というかなぜベビーテックになるのか、ベビーテックのメカなどの小道具は誰が作ったのかなどということは最後まで謎のままだった。
 エピソードも、最初の「夜の魔王」が案外あっけなく終わったので、続く「バット団」も長くはないのかと思ったら、ほぼこのバット団と団長の池袋博士がベビーテックの敵として出ずっぱりとなっていた。
 人気連載作品をほかにも抱えていたためか、明らかに桑田自身のものではない絵で描かれたページが、多いときで連載一回分くらい、何度か出てくる。あまり単行本には恵まれていなかった桑田とはいえ、そういうこともあって単行本化しなかったのではないかとも感じられてしまう。
 

2009年1月 5日 (月)

■劇画漂流/辰巳ヨシヒロ

2733 ■劇画漂流/辰巳ヨシヒロ

初出:まんだらけマンガ目録8号(1995年3月)~まんだらけZENBU33号(2006年12月)
書誌:青林工藝社・上下巻

 ひと言で言ってしまえば、これは辰巳ヨシヒロの自伝作品である。が、同時に漫画史における劇画誕生の記録であり、大阪を中心とした貸本マンガ史とも言える。
 それまで子供が読むものとして「漫画」という呼称でひとくくりにされていた自分の作品を、青年層が好んで手を延ばすような内容や表現であることから、自ら「劇画」と呼ぶことにして活動していた辰巳ヨシヒロと、彼の考えに同調して集まった仲間たちによる「劇画工房」については、たとえば佐藤まさあきの自伝『「劇画」の星をめざして』や辰巳の実兄・桜井昌一の『僕は劇画の仕掛け人だった』等でも知ることは出来るが、その中心にいた辰巳の証言という意味で本作は意味があるだろう。また、劇画発祥の舞台となった貸本マンガについてはあまり資料がなく、その意味においても貴重な作品といえる。
 正直なところ辰巳ヨシヒロの作品はあまり読んでいない。小学館文庫(旧)で出た『鳥葬』を、刊行からだいぶ経ってから読んだのが最初だし、貸本時代の作品となると青林工藝社でから復刻された『大発掘』や『大発見』などに収録されたものくらいだ。またその他の作品というと秋田書店から出た『乾いた季節』といったところか。
 個人的な印象で言うと、さいとうたかをなどの劇画作品よりも漫画的な感じを受けた。理由としてはさいとうたかをなどの作品よりもキャラクターが漫画チックというのがあるかもしれない。が、この『劇画漂流』でも語られているように、自らの作品を「劇画」と呼ぶのは絵的なリアルさということではない。作品のテーマや演出面での、それまでの「漫画」とは違った表現を追求した結果なのである。
「劇画」が貸本マンガから育ってきたというのには理由があると思う。ひとつには雑誌に発表される作品より編集者の作品の内容に関する締めつけが緩かったことがあるだろう。ひと言でいえば雑誌よりも自由に作品が描けたということだ。本作中、新しい表現を模索していく姿が描かれているが、ライバルともいえる同業漫画家の作品に刺激されたりしながらも、その過程で作品や表現について意見を闘わせるのは主に兄とであり、編集者と作品について語ったり論じ合ったりしているシーンが見られないのも、当時の貸本出版社がそれほど内容にこだわっていなかったことをうかがわせる。
 あとがきや解説を読むと掲載誌側の事情で連載が終了したとのこと。作品として終わっていないということではないが、実質未完といえなくもない。「劇画工房」から離れ、「劇画」というものに熱意を失くした主人公が、またその熱意を取り戻すところで終了しているが、その後の貸本マンガの終焉、青年マンガ雑誌の誕生あたりまで続いてくれるとさらに漫画史的に興味深い資料となったのではないかと残念ではある。

2008年12月12日 (金)

■ナショナル・キッド/一峰大二

9784775912812 ■ナショナル・キッド/貴瀬川実・原作、一峰大二・画

初出:ぼくら(1960年7月号~1961年12月号)
書誌:講談社(全3巻)
   コミックペット(全2巻)
   アース出版(全3巻)
   マンガショップシリーズ(全3巻)

 この作品はテレビドラマのコミカライズ作品である。なので、当時テレビ作品を観ていた人の中には一峰大二・画のコミック版目当てに「ぼくら」を読んでいた人も多いだろう。残念ながらそのあとの世代である自分は、サン出版の「コミックペット」シリーズで復刻されるまで作品名は知っていたが読む機会はなかった。とはいえ「コミックペット」版は全2巻、1,2話のみの収録だった。その後アース出版から未収録部分を含めたハードカバーの全3巻が刊行され、マンガショップ版も同様の内容である。
 科学者の旗 竜作が無敵のヒーロー、ナショナル・キッドに変身して宇宙人や海底人から地球と人類を守るというのが基本的なストーリー。空を飛べたり壁をすり抜けたりする力を持っているが、敵を倒すのはエロルヤ光線という銃である。胸に大きく記されたNマークと作品タイトルでもあるナショナル・キッド」はテレビドラマの提供会社だったナショナル(現・パナソニック)に由来する。
 第1話「インカ族来襲」は、インカ帝国の人々が宇宙船で金星に移住していて、改めて地球を征服に来るというもので、「インカの遺跡に円盤のような絵が描かれている」といったエピソードなどもあって、これが石ノ森章太郎だったらまた面白くなったんじゃないかと思ってしまう。
 インカ族を指揮してナショナル・キッドに対抗するのが女性(らしい)というもの当時としてはユニークだったのではないかと思うが、一峰大二の画ではちょっと魅力に欠けるのが残念である。

2008年12月10日 (水)

■G・Rナンバー5(修繕屋)/石森章太郎

■G・Rナンバー5(修繕屋)/石森章太郎

■初出:パワァコミック(1974年12月13日号~1976年6月17日号)
■書誌:パワァコミックス(双葉社刊)・全4巻
     石ノ森章太郎萬画大全集(角川書店刊)・全3巻

 掲載誌の「パワァコミック」はまったく見たことがないのでこの作品も単行本が出てから始めて知ったのだが、当時マンガ好きな兄がいるクラスメイトがしきりに『修繕屋』という作品のタイトルを口にしていたので気になってはいた。で、ようやく単行本でそれが『G・Rナンバー5』だということがわかったというようなコトである。
 主人公のアキラは事故で生死をさまよい、サイボーグとして命を取り留める。天涯孤独となったアキラはサイボーグ手術で自分を助けてくれたドクター猿丸(この博士も自分の脳をゴリラに移植している)の家で暮らすことになる。アキラといっしょに保護されたロリという少女は異次元から追われてこちらの世界に逃げてきたといい、ロリの住んでいた世界の科学者が次元の裂け目を自由に作る装置を開発し、こちらの世界を侵略しようとしているという。そこでドクター猿丸を中心に、侵略を阻止し,次元の裂け目を「修繕」するグループが作られる。つまりこれが第二部の連載タイトルにもなった「修繕屋」のゆえんである。ちなみに「G・R」は「グループ・リペア」の略。
 グループのメンバーはドクターにアキラ、テレパシーと変身能力のあるロリ、そしてドクターが作ったロボットのガラクタ、人造人間のヒューである。
 ヒューのキャラクターが『サイボーグ009』の004にそっくりでもあり、主人公がサイボーグということもあって、『~009』に似た印象が強いが、どちらかいえばアキラとヒューのコンビは『佐武と市』に近いような気もする。
 萬画大全集のガイド本の解説によると連載開始前に「『009』を」と依頼されたようで、作者がまだその気持ちにならなかったためこの作品ができたということらしい。その意味では『~009』に似た雰囲気なのは当然と言っていいだろう。確かこの時期はテレビアニメでも『~009』にキャラクターがそっくりな『氷河戦士ガイスラッガー』というものがあり、『~009』を望まれつつも作者の中でそれを受け入れられない状況があったのだろう。
 とはいえこの『G・Rナンバー5』の内容自体は『~009』というより『ブルーゾーン』に近い。
 異次元からの侵略、それは機械の核にエクトプラズマと呼ばれる不定形な物質がまとわりついて構成されたモンスターによってなされる。そしてこちらの世界で心霊現象と呼ばれるような状況になることが多い。これはまさに『ブルーゾーン』で描かれた世界観で、修繕屋が「超常現象研究所」を設立し全国から超常現象の情報を集めるところなども似ている。『ブルーゾーン』が未完で終わっていたのでそのアイデアを再び使いたいというのもあったのかもしれない。
 前半はそのように、異次元からの侵略に立ち向かう「修繕屋」の活躍が描かれるが、後半(連載第二部?)ではふたつの世界が融合してどちらの人間も絶滅の危機に陥った終末的な世界が描かれる。
 石ノ森作品のなかでも人気が高いというが、確かに自分も好きな作品である。
 

2008年8月 2日 (土)

訃報/赤塚不二夫

赤塚不二夫氏が肺炎で亡くなられたそうです。72歳。まだ早いといってもいいかもしれない年齢かもしれませんね。
振り返ってみれば、最初に漫画の単行本を買ったと思われる数冊の中の一冊は曙出版版の『天才バカボン』で、最初に集めようと思ったのは、まさしくそのシリーズでした。

ご冥福をお祈りいたします。

2008年7月22日 (火)

■ブルーゾーン/石森章太郎(石ノ森章太郎)

■ブルーゾーン/石森章太郎(石ノ森章太郎)

初出:少年サンデー 1968年6号~29号
書誌:小学館ゴールデンコミックス 全2巻
    大都社スターコミックス 全2巻
    石ノ森章太郎萬画全集 全2巻

 石森プロダクションでアシスタントをするジュンは孤児院の出身だったが、18歳の誕生日を迎えた日、両親の遺産がある、と弁護士が訪ねてくる。
 両親がいたことさえ知らなかったジュンは、弁護士に連れられて生家に行くとじいやと称する老人から、父がブルーゾーンと名付けられた、この世界とは別次元の世界からの侵略に気づき戦っていたことを知らされる。
 そしてジュンも、ブルーゾーンとの戦いを始めるのだった…。
 ストーリーの出だしはこんな感じだ。作者が本人役で登場しているあたり、手塚の『バンパイヤ』を思い出させる。また主人公のジュンも石森の人気作品『ファンタジーワールド ジュン』からの登場である。資産家のただひとりの後継者とその家に仕える執事という構図は、『仮面ライダー』にも通じる。案外『バットマン』からのアイデアかもしれない。
 さてこの『ブルーゾーン』、いわゆる心霊現象を科学的な目で解きあかそうというのがテーマ。とはいえ、妖怪などが異次元の生物で、この世界を侵略しようとしているというのは石森お得意のパターンかもしれない。また、UFO、超能力といったものも扱われ、その後の石森作品につながっていくアイデアの数々がここに示されているようにも思う。
 残念なのはほとんどの謎が解明されないまま中途半端な形で終了してしまっていること。作品発表時ではちょっと早すぎたアイデアだったのかもしれない。

2008年7月19日 (土)

■あんたが悪いっ/いがらしみきお

■あんたが悪いっ/いがらしみきお

・初出:漫画サンデー 昭和57年1月~59年8月中旬
・書誌:マンサンコミックス 全3巻

 たぶん、いがらしみきおの作品はデビュー当時に読んでいる。「漫画エロジェニカ」に掲載されたものだったと思う(単行本『家宝』に収録されているがそこでは初出不明となっている)。とはいえそれ以後いがらし作品を読むということもないまま、いしいひさいち、植田まさしに続く4コマ作家として活躍しているのを眺めるといった感じだったと思う。なにかのひょうしで単行本を手にしてハマッたのだが、その時には『家宝』も刊行されていて、それまでのいがらしスタイルから休筆期間をへて『ぼのぼの』に移行していたのじゃなかったかと思う。
『ぼのぼの』は1、2巻あたりを読んだと思うが、あまり面白さを感じず、自分の中では「『ぼのぼの』以前」のいがらしみきおの方が気に入っている。
 その中でも『あんたが悪いっ』を取り上げたのは、まさお、伊予吉といったおなじみのキャラクターに加え田金という政治家のキャラクターが登場して当時の世相を反映したネタが豊富だからかもしれない。当時の政治家が登場していたりして、いまとなっては…というネタも確かにあるのだが、それは「古い」ということではなく、時代の記録として受け取ることもできる。また政治も社会状況も変わったはずなのに根本はまったく変わっていないと思わされるものもある。
 まさおと伊予吉はほかの連載や単行本に収録されたシリーズでもよく登場しているキャラクターであるが、この『あんたが悪いっ』シリーズにおいて輝いているというか、まさにシリーズの顔となっている。『ぼのぼの』以前のいがらしみきおをこれから読んでみたいと思う人がいるとしたら、この『あんたが悪いっ』をオススメしたい。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



コミックパーク

Point

009時計

  • ネット危険用語白書
  • 009時計
無料ブログはココログ