最近のトラックバック

楽天

あし@

  • あし@

カラーミーショップ

  • ★【 カラーミーショップ 】ならオールインワン★
    あっという間にショップオーナーに!!
    スマートフォンにも対応済み

FB

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月 1日 (木)

■小学三年生、四年生、休刊

 小学館は一昨年の小学五年生、六年生に続き小学三年生、四年生の休刊を決めた。学年誌という媒体が時代に合わなくなったのは認めるところだが、自分の小学生のころを考えると雑誌がなくなるというのはいささか寂しい思いだ。
 ところで学年誌にはテレビドラマやアニメなどのコミカライズ作品のほか、オリジナルの漫画作品も連載されていたが、単行本化されるようになったのは「てんとう虫コミックス」シリーズが創刊されてからといっても過言ではない。それ以前は横山光輝の『五郎の冒険』など一握りの作品しか単行本化されず埋もれてしまっていた。また特定の年齢の読者に向けて刊行されていたという特殊性からその存在自体があまり知られていないものも多い。
 これは小学館が漫画単行本シリーズを自社で刊行することが遅れたためと言っていいだろう。新書判単行本ブームに乗って一端は「ゴールデンコミックス」というシリーズを立ち上げながら(『手塚治虫全集』などもこのシリーズで刊行した)、短期にシリーズを終了(厳密には『カムイ伝』など限られたもののみ残した)。その後「てんとう虫コミックス」「少年サンデーコミックス」「フラワーコミックス」などのシリーズを立ち上げるまで、若木書房や秋田書店など他社から、小学館のコミック誌に掲載された作品が単行本化される、いわば空白の時期ができてしまった。その間、学年誌に掲載された作品の単行本化はほとんどなく、そういえば学年誌であんな作品を読んだなあ、と記憶に残る程度であった。また現在でも埋もれたままになっている学年誌掲載の漫画作品は多い。
 学年誌休載というネガティブな状況ではあるが、あらためてその存在に目を向けるキッカケにもなると思うので、埋もれた作品の単行本化にも力を入れてほしいものである。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



コミックパーク

Point

009時計

  • ネット危険用語白書
  • 009時計
無料ブログはココログ