最近のトラックバック

楽天

あし@

  • あし@

カラーミーショップ

  • ★【 カラーミーショップ 】ならオールインワン★
    あっという間にショップオーナーに!!
    スマートフォンにも対応済み

FB

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年6月29日 (月)

本棚の旅■マジンガーZ/永井 豪

書 名/マジンガーZ[起動編]
著者名/永井 豪
出版元/秋田書店 
判 型/B6判
定 価/571円+税
シリーズ名/AKITA TOP COMICS WIDE
初版発行日/2009年7月10日
収録作品/マジンガーZ

 テレビアニメ『真マジンガー衝撃Z編』の放送に合わせて原作コミックをコンビニ向け単行本として発行したもの。
 本作品は「少年ジャンプ」に連載された後、集英社のジャンプコミックス、朝日ソノラマのサンコミックス、講談社のKCコミックス、朝日ソノラマのサンワイドコミックス、講談社の講談社文庫コミック版などが刊行されているが、元判であるジャンプコミックと連載時の復刻である講談社文庫版以外はテレビアニメに合わせて、弓博士などが描き変えられている。今回の秋田書店版も、その描き変えられた版である。もっとも、サンコミックス、KCコミックスともに連載時とは収録順序が変わっていたので、描き変えられたものでの連載通りの収録はこれが初になるはずである。
 なのであるが、非常に残念なことに本書32ページは本来34ページになるはずで、33ページ、34ページはそれぞれ1ページずつ繰り上がっていなければならない。なぜこんな入れ違いが起きてしまっているのか理解に苦しむ。33ページが全面の断ち切り1枚画であることが理由なのかもしれないが、それにしても32ページに持ってこれないものではない。明らかな編集ミスといえるだろう。またところどころに挿入されたエピソードのサブタイトルも流れを無視した挿入のしかたで首をひねる。いくらコンビニ向けのお手軽単行本とはいえ、これではせっかくの名作も台無しではないか。
 

2009年6月24日 (水)

ジャングル大帝、テレビ新アニメシリーズ

フジテレビの開局50周年と手塚治虫生誕80周年を記念して「ジャングル大帝」のテレビシリーズが新しく作られているようです。
ですが…やっぱりなんか勘違いしてない? と思ってしまうのですよ、わたしは。
声のキャスティングも俳優やアナウンサーで視聴者の興味を引こうとしてるし、切り楽タキャラクター原案に天野善孝って、手塚のイメージから遠くないですか? シナリオも新進気鋭といいつつ、バラエティーの実績しかない人だし…。

ハリウッドで原作から離れたイメージの作品が作られるのはいたしかたないとしても、国内でこれでは…と、思ってしまうのです。

■ABCディ/貝塚ひろし

Photo ■ABCディ/貝塚ひろし

初出/まんが王・1968年1月号~8月号(秋田書店刊)
書誌/パンローリング・マンガショップシリーズ(全1巻)

 ABCの掛け声でヒーローに変身する貝塚ひろしのSF作品。
 ヒーローの乗り物に円盤を設定したのはこの時代としてはけっこう先駆けていたのではないだろうか。また地球空洞説、その空洞の中に地上の人類とは別の人類が、地上の人類よりも発達した科学文明を持っているなど、70年代にはいって多く描かれたSF漫画の設定もみられる。もっともその空洞世界やヒーローの力をなぜ地上の少年たちが与えられたのか、ということは詳しく触れられてはない。
 また空洞世界がリュウ王国、そこを治めているのがオート王女と、龍宮城、乙姫につなげているアイデアはなかなか面白い。このあたりをもっと掘り下げていたら、また違った展開もあったのでは、とちょっともったいない気もした。
 主人公は天文学の星島博士の子供、英二とその妹で静子、英二のクラスメイトのビー助の3人。それぞれA、B、Cに当てはめられたネーミングではあるが、なぜこの3人がヒーローとして選ばれたかということもあやふやなままだった。
 リュウ王国から3人のお守り役として犬が地上に派遣されてくるのだが、もうひとつ活躍がなかったのも惜しい。
 貝塚にはほかにも『1、2作戦』というヒーロー作品があるが、本作のABCといい、ちょっと勢いを感じるネーミングが好みなのかもしれない。
 

2009年6月21日 (日)

本棚の旅■隣室の男/松本正彦「駒画」作品集

書 名/隣室の男
著者名/松本正彦
出版元/小学館クリエイティブ(発売・小学館)
判 型/A5版
定 価/3619円(本体)
シリーズ名/なし
初版発行日/2009年6月17日
収録作品/「劇画バカたち !! 第1話」ビッグコミック増刊1979年2月23日号、「隣室の男」影1号1956年3月、「濃霧」影2号1956年4月、「不知火村事件」影7号1956年9月、「猫と機関車」影9号1956年11月、「天狗岩の怪」街2号1957年4月、「灯台島の怪」鍵1号 1957年6月、「夕立」街6号1957年6月、「友ありて」熱血男児1号1958年2月、「指紋」街・別冊怪奇特集1958年3月、「京介誕生記」影32号1959年5月、「広い天の下」熱血男児13号1959年5月、「どくろに頼む」迷路・別冊怪談ミステリー特集1959年7月、「ある殺人」街35号 1959年12月、「重たい影」影40号1959年12月、「裏窓」辰巳ヨシヒロマンガジン3号1960年3月、「涙を売る男」影45号1960年3月、「どこかへ…」別冊土曜漫画コミック1973・10・26号

続きを読む "本棚の旅■隣室の男/松本正彦「駒画」作品集" »

2009年6月 1日 (月)

ATOM

ハリウッド版鉄腕アトムの予告編が公開されています。
画像的には「アトム」のイメージを壊さないもののようですが、予告編に表示される文字に疑問が…。

「ボクは死んだ…」「そして父さんが新しい命をくれた」というようなものなのですが…。

たしかにアトムは天馬博士が交通事故で死んだトビオの代わりに作ったロボットという設定になっていますが、トビオのサイボーグではないし、電子頭脳にトビオの記憶を記録しているわけでもありません。
この予告の通りにストーリーが進められるとしたら、トビオの新しい体としてのアトム、という全く違った話になってしまう可能性があります。
まあ、映画の予告を作ったスタッフの、鉄腕アトムという作品に対する誤解なんだと思いますけどね。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



コミックパーク

Point

009時計

  • ネット危険用語白書
  • 009時計
無料ブログはココログ