最近のトラックバック

楽天

あし@

  • あし@

カラーミーショップ

  • ★【 カラーミーショップ 】ならオールインワン★
    あっという間にショップオーナーに!!
    スマートフォンにも対応済み

FB

« ■ガラス玉/岡田史子 | トップページ | ■やけくそ天使/吾妻ひでお »

2006年6月30日 (金)

■デビルマン/蛭田 充(原作・永井 豪)

■デビルマン/蛭田 充(原作・永井 豪)

初出:冒険王(秋田書店)
書誌:秋田サンデーコミックス/全2巻
   ナガオカコミックス/全3巻
   スターコミックス/全2巻
   ATCW(秋田トップコミックスワイド)/全1巻

『デビルマン』は永井 豪の代表作のひとつであり、本作はそのアニメ化に伴ったコミカライズ版である。
 蛭田 充によってコミカライズされたが、アニメ作品をベースにしながら、原作の要素も取り入れつつ、オリジナルな要素もある、独特の位置を占めている。
 まず主人公であるデビルマンの設定である。原作では、人間・不動 明が、悪魔デビルマンと合体し、意識はそのままで、悪魔の強靱な肉体と超能力を手に入れる。一方アニメでは、悪魔デビルマンは、人間界に侵入するために、不動 明の身体に乗り移り、利用するだけで、意識はデビルマンのままである。蛭田は原作に沿って、不動 明の意識を残した。
 原作の連載と、アニメの制作がほぼ同時進行だったため、その内容は著しく違っているが、アニメ版を漫画で読むという意味では、蛭田版『デビルマン』となる。
 内容は、ほぼアニメ版のストーリーに沿っているが、後半登場する「ララ」などは描かれず、明とミキ(原作では美樹だが、蛭田版ではカタカナ表記)、そしてデビルマンと妖獣のバトルに的を絞っている。また、妖獣はアニメの設定に忠実に描かれている印象があるが、デビルマンや主要なキャラクターはわりと自由に描いているように感じられる。

 ところで、この作品は過去に何度か単行本化されてきたわけだが、ナガオカコミックスで刊行されたものは中でも稀少だ。その存在自体あまり知られていないと思う。

« ■ガラス玉/岡田史子 | トップページ | ■やけくそ天使/吾妻ひでお »

コメント

デビルマンの「あきらくん」、実は初恋の人なんですよね~(笑)
アニメしか見たことなかったんですが、その後漫画を目にする機会があったんだけど、
悪役もさることながら、デビルマン自体も絵的にコワかった~!

みきちゃんとあきらくんの純愛が、けっこう泣けたんですよね~。

うさ

女性の方は、アニメ版のファンという方が多いようですね。
アキラの一途なミキへの思いがいいのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108141/10732684

この記事へのトラックバック一覧です: ■デビルマン/蛭田 充(原作・永井 豪):

« ■ガラス玉/岡田史子 | トップページ | ■やけくそ天使/吾妻ひでお »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



コミックパーク

Point

009時計

  • ネット危険用語白書
  • 009時計
無料ブログはココログ