現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 本棚の旅・蔵書自慢■日影丈吉 コレクション/全集その他 | トップページ | 本棚の旅・蔵書自慢■平井和正 コレクション/文庫 »

2019年5月27日 (月)

本棚の旅・蔵書自慢■平井和正 コレクション/ウルフガイ

■平井和正 コレクション/ウルフガイ
 平井和正の代表作である「ウルフガイ」シリーズだが、読む時期を逸してしまった感があって、このノンノベルスを手に入れたのも90年代半ば頃である(全巻セットで千円くらいじゃなかっただろうか?)。とりあえず読んでみようくらいの気持ちで版も気にせず買ったので「紋章」「怨歌」「肖像」「天使」以外は再版である。
「ウルフガイ」シリーズ自体はノンノベルス以前にも刊行されていて、例えば早川書房の日本SFノヴェルスの単行本(「紋章」と「怨歌」の合本)、ハヤカワSF文庫などがある。実際ハヤカワSF文庫版で短編集的なものを人から借りて一度読んではいた(ノンノベルスでいうと『狼のバラード』あたりになるのだろうか)。コミック版『スパンダーマン(日本版)』の原作に使われたエピソードを流用していたりして、これもそのあと「ウルフガイ」シリーズを積極的に読みたいと思わなくなった理由だったかもしれない。
「アダルトウルフガイ」第一作『狼男だよ』には立風書房版があるのだが、これは編集部で著者に断りなく表現を変更した箇所があり、「改竄版」と呼ばれている。「ウルフガイ」シリーズに思い入れがあれば手に入れる機会があったのだが、どういうわけかこのシリーズにはそういった気持ちが向かなかった。

Non

Non_1

Non_2

Non_3

Non_4

Non_5

Non_6

Non_7

Non_8

Non_9

Non_10

10non

狼の紋章 ウルフガイ・シリーズ1
祥伝社・ノンノベルス N-30
昭和50年7月1日初版発行

狼の怨歌 ウルフガイ・シリーズ2
祥伝社・ノンノベルス N-31
昭和50年7月1日初版発行

狼男だよ アダルト・ウルフガイ・シリーズ1
祥伝社・ノンノベルス N-19
昭和49年8月1日初版発行

狼のバラード アダルト・ウルフガイ・シリーズ2
祥伝社・ノンノベルス N-20
昭和49年8月1日初版発行

魔境の狼男 アダルト・ウルフガイ・シリーズ3
祥伝社・ノンノベルス N-23
昭和49年9月25日初版発行

人狼戦線 アダルト・ウルフガイ・シリーズ4
祥伝社・ノンノベルス N-21
昭和49年8月1日初版発行

狼は泣かず アダルト・ウルフガイ・シリーズ5
祥伝社・ノンノベルス N-25
昭和49年10月25日初版発行

人狼白書 アダルト・ウルフガイ・シリーズ6
祥伝社・ノンノベルス N-54
昭和51年12月15日初版発行

人狼天使 第I部 アダルト・ウルフガイ・シリーズ7
祥伝社・ノンノベルス N-84
昭和53年9月1日初版発行

人狼天使 第II部 アダルト・ウルフガイ・シリーズ8
祥伝社・ノンノベルス N-85
昭和53年9月1日初版発行

人狼天使 第III部 アダルト・ウルフガイ・シリーズ8
祥伝社・ノンノベルス N-111
昭和55年1月15日初版発行

若き狼の肖像 アダルト・ウルフガイ・スペシャル
祥伝社・ノンノベルス N-101
昭和54年5月1日初版発行

« 本棚の旅・蔵書自慢■日影丈吉 コレクション/全集その他 | トップページ | 本棚の旅・蔵書自慢■平井和正 コレクション/文庫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本棚の旅・蔵書自慢■日影丈吉 コレクション/全集その他 | トップページ | 本棚の旅・蔵書自慢■平井和正 コレクション/文庫 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ