現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 本棚の旅・蔵書自慢■ホラー・オカルト関連書籍 コレクション(その2) | トップページ | 本棚の旅・蔵書自慢■ノヴェライズ・コレクション/特撮編 »

2019年4月 1日 (月)

本棚の旅・蔵書自慢■アイザック・アシモフ コレクション

■アイザック・アシモフ コレクション
 アシモフの名はその著書というよりマンガなどで目にしていたのが先だったと思う。例えば石森章太郎の『人造人間キカイダー』で「ロボット三原則」に言及していた。
 当然SF作家としてアシモフの名は記憶されていたのだけれど、けっきょくその小説作品はほとんど読んでいない。その代わり科学エッセイと呼ばれるものはいくつか読んでいて、最初にアシモフを読んだのも科学エッセイだった。
『大破滅』は、その当時SFマンガを描いていた関係で資料として購入した。どのような形であれば人類が絶滅するような設定にできるか、とそのようなことだった。
『アジモフ博士のQ&A100』は小説よりもエッセイがアシモフは面白いというような話を友人としていて、もう読まないからと譲られたものだったと思う。
『変わる!』もその同時期に河出文庫から出たもので新刊で買った。
 アシモフの小説の代表作といえば『ファウンデーション シリーズ』、つまり『銀河帝国の興亡』になると思うが、創元推理文庫SFの全三巻はかなりあとになって入手したものだ。すでにハヤカワ文庫版でも刊行されたあとだったと思う。代表作くらい読んでおこうかというような気分だったと思うのだが、読まないまま本棚に並べたままずいぶん長く放置していた。
 ところでアイザック・アシモフとアイザック・アジモフの二種の表記がある。アルジャナン・ブラックウッドのような時代による違いともいえないようで、持っている本で言うと単行本ではアジモフ、文庫本ではアシモフと表記されている。今回の記事タイトルはアシモフとした。

 

Photo_2

 

Photo_3

 

Photo_4

 

Photo_5

 

Photo_6

 

Photo_7

 

大破滅 アジモフのカタストロフィー全研究
講談社
昭和55年2月20日初版発行

 

アジモフ博士のQ&A100
文化放送
昭和50年5月26日初版発行

 

変わる!
河出書房新社・河出文庫 737A
昭和59年6月4日初版発行

 

銀河帝国の興亡1 風雲編
東京創元社・創元推理文庫SF
1968年3月29日初版発行

 

銀河帝国の興亡2 怒濤編
東京創元社・創元推理文庫SF
1969年10月24日初版発行

 

銀河帝国の興亡3 回天編
東京創元社・創元推理文庫SF
1970年4月10日初版発行

 

« 本棚の旅・蔵書自慢■ホラー・オカルト関連書籍 コレクション(その2) | トップページ | 本棚の旅・蔵書自慢■ノヴェライズ・コレクション/特撮編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本棚の旅・蔵書自慢■ホラー・オカルト関連書籍 コレクション(その2) | トップページ | 本棚の旅・蔵書自慢■ノヴェライズ・コレクション/特撮編 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ