現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 本棚の旅・蔵書自慢■アイザック・アシモフ コレクション | トップページ | 本棚の旅・蔵書自慢■友成純一 コレクション »

2019年4月 8日 (月)

本棚の旅・蔵書自慢■ノヴェライズ・コレクション/特撮編

■ノヴェライズ・コレクション/特撮編
 怪獣やヒーローといった特撮映画・ドラマの多くはオリジナル作品で、原作が先にあるものの方が少なかったりする。また原作と呼ばれるものがあっても企画段階で映像作品と同時進行していたりもする。
 最近では『ウルトラマン』『仮面ライダー』の両シリーズ共に平成版でノヴェライズが盛んな印象もあるけれど、個人的にはそこらへんいまのところあまり興味がなくて、所持している特撮系ノヴェライズも古い作品のものばかりである。
 香山 滋の『ゴジラ』は知られているように映画用の脚本を小説化したもの。第一作を「東京篇」第2作を「大阪篇」としている。日本を代表する怪獣であり、映画スターでもあるので原作小説も何度も刊行されていて、奇想天外社のハードカバー四六版、新書判、小学館スーパークエスト文庫、ちくま文庫、そして岩波書店のフォア文庫の5種類が手元にある。ついでに言えば香山 滋の全集にも収録されているので6種類の版を所持していることになる。
 講談社文庫の『ゴジラ』は別の作家による第一作のノヴェライズ。
『モスラ』は文藝作家三人の共作が原作だが、単行本として刊行されたのは筑摩書房が初である。もっともその数年前に「幻想文学39」が採録していた。扶桑社の『モスラ』は後に三部作でリメイクされたものの第一作のノヴェライズ。
 その他のゴジラシリーズではVSシリーズから『ゴジラVSビオランテ』『ゴジラVSキングギトラ』のノヴェライズがあり、そのあとは『ゴジラ2000』があった。
 出版芸術社の『怪獣小説全集』は単行本未収録、入手困難な怪獣映画の原作、ノヴェライズを集めたもの。『モスラ』は「中学時代一年生」の別冊付録に掲載されたもの。そのほか『ラドン』『マタンゴ』となかなか読むことのできなかったものが収録された宝箱のようだった。
 ゴジラに対して子供の味方として売り出したガメラは、平成3部作公開をキッカケにノヴェライズが刊行され、昭和ガメラシリーズの脚本家、高橋二三によるオリジナルストーリーと、平成第一作のノヴェライズが出た。
 特撮はやはり怪獣やヒーロー、また特撮映像という目で見る部分が魅力ということもあるだろう。ノヴェライズはマニアにはともかく一般には受けないような気がする。と同時に昭和の特撮作品は『ゴジラ』がシリーズ中盤から子どもを対象に作られていったように、活字よりはマンガ、コミカライズされることが多かったとも言える。平成になってノヴェライズが多く出されるようになったのも、それだけ特撮ファンの年齢層が上がったからだとも言えるのだろう。
 巨大ヒーローの代表といえば、やはりウルトラマンになるだろう。金城哲夫の『小説ウルトラマン』は当初ハードカバーの単行本で刊行されたが長く復刻される機会がなく幻となっていたが、ちくま文庫で刊行され読むことができた(オリジナル版も復刻版が出ている)。表紙画像、出版データは金城哲夫コレクションをご参照ください。
 千束北男の『ウルトラマン ジャイアント作戦』は初代ウルトラマン放映直後の映画企画時に書かれたシナリオを小説化したもの。
 また題材として取り上げやすいのかウルトラセブンにはノヴェライズが複数ある。これにはテレビ放映以後のオリジナルビデオ作品がヒットしたことも影響していただろう。
 その他仮面ライダーZO、ミラーマン、そしてゼイラムのノヴェライズが手元にあった。

 

Photo_27

 

Photo_18

 

Photo_28

 

Photo_12

 

Photo_13

 

Photo_16

 

Photo_17

 

Photo_26

 

Vs_1

 

2000

 

Photo_22

 

Photo_14

 

Vs_3

 

Photo_11

 

Photo_15

 

Photo_33

 

Photo_21

 

39

 

Photo_20

 

Photo_24

 

Photo_25

 

Vs

 

Photo_10

 

Photo_32

 

Photo_30

 

Photo_29

 

Photo_9

 

Photo_8

 

Photo_23

 

Photo_19

 

Photo_31

 

小説ゴジラ(ゴジラ、ゴジラの逆襲)
香山 滋
奇想天外社
1979年8月10日初版発行

 

完全復刻ゴジラ/ゴジラの逆襲
香山 滋
奇想天外社・奇想天外ノヴェルス
昭和51年9月10日初版発行

 

小説ゴジラ(ゴジラ、ゴジラの逆襲)
香山 滋
小学館・スーパークエスト文庫
1993年12月20日初版発行

 

ゴジラ、東京にあらわる
香山 滋 画・樽 喜八
岩波書店・フォア文庫 C136
1997年1月 初版発行

 

ゴジラとアンギラス
香山 滋 画・樽 喜八
岩波書店・フォア文庫 C139
1998年1月 初版発行

 

ゴジラ(ゴジラ、ゴジラの逆襲、G作品検討用台本、獣人雪男)
香山 滋
筑摩書房・ちくま文庫
2004年11月10日初版発行

 

小説ゴジラVSキングギドラ
田中文雄
朝日ソノラマ・SONORAMA NOVELS
1991年11月30日初版発行

 

小説ゴジラ2000<ミレニアム>
柏原寛司・三村 渉
角川書店・カドカワ エンタテインメント
平成11年11月25日初版発行

 

モスラ対ゴジラ
文/上田高正
講談社・講談社X文庫 X04-2
昭和59年10月11日初版発行

 

ゴジラ
文/海原俊平
講談社・講談社X文庫 X04-1
昭和59年10月11日初版発行

 

ゴジラVSビオランテ
有馬治郎
角川書店・角川文庫
平成元年12月10日初版発行

 

ゴジラ
ディーン・デブリン&ローランド・エメリッヒ スティーブン・モルスタッド
ソニー・マガジンズ/ソニー・マガジンズ文庫
1998年7月1日初版発行

 

ゴジラ
H・B・ギルモア
集英社・集英社文庫
1998年7月15日初版発行

 

発光妖精とモスラ
中村真一郎・福永武彦・堀田善衛
1994年9月20日初版発行

 

幻想文学39 大怪獣文学館
幻想文学出版局
1993年9月25日

 

モスラ
脚本/末谷真澄 ノベライズ/波多野 鷹
扶桑社・扶桑社文庫
1996年11月30日初版発行

 

怪獣小説全集I
ゴジラ、獣人雪男、マタンゴ
出版芸術社
平成5年12月25日初版発行

 

怪獣小説全集II
ラドン、モスラ、ゴジラVSビオランテ
出版芸術社
平成5年12月25日初版発行

 

ガメラVS不死鳥
高橋二三
小学館・スーパークエスト文庫
1995年5月1日初版発行

 

ガメラ 大怪獣空中決戦
伊藤和典
小学館・スーパークエスト文庫
1995年6月1日初版発行

 

ウルトラマン ジャイアント作戦
千束北男
講談社
2005年12月12日初版発行

 

ウルトラマン
実相寺昭雄
小学館・スーパークエスト文庫
1993年10月20日初版発行

 

ウルトラセブン
実相寺昭雄
小学館・スーパークエスト文庫
1995年2月1日初版発行

 

ウルトラセブン EPISODE:0
武上純希
朝日ソノラマ・ソノラマ文庫
2002年5月31日初版発行

 

ウルトラセブン EVOLUTION
武上純希
朝日ソノラマ・ソノラマ文庫
2002年11月30日初版発行

 

仮面ライダーZO
射口 巌
小学館・スーパークエスト文庫
1993年5月20日初版発行

 

ミラーマン
野添梨麻
小学館・スーパークエスト文庫
1994年11月1日初版発行

 

ゼイラム
松本 肇
朝日ソノラマ・ソノラマ文庫
1995年1月31日初版発行

 

 

« 本棚の旅・蔵書自慢■アイザック・アシモフ コレクション | トップページ | 本棚の旅・蔵書自慢■友成純一 コレクション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本棚の旅・蔵書自慢■アイザック・アシモフ コレクション | トップページ | 本棚の旅・蔵書自慢■友成純一 コレクション »

いらっしゃいませ

  • :
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ