現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 本棚の旅・蔵書自慢■W・H・ホジスン コレクション | トップページ | 本棚の旅・蔵書自慢■金城哲夫 コレクション »

2019年1月 7日 (月)

本棚の旅・蔵書自慢■A・ブラックウッド コレクション

■A・ブラックウッド コレクション
 アルジャナン・ブラックウッドは英国を代表する怪奇・恐怖小説の作家のひとりで、アーサー・マッケン、M・R・ジェイムスとともに御三家とも目される。
 翻訳されたのは早く、大正年間には「新青年」などに訳出されていたという。
 とはいえこのジャンルの作品群にありがちな傾向で代表的な短編のみが繰り返し訳されたり、アンソロジーに収録されたりするばかりでその著作の全貌が日本国内で知られていないのも事実のようだ。
 所持しているのものなかでもっとも古いのは東京創元社から刊行された「世界恐怖小説全集」の『幽霊島』。これは「世界大ロマン全集」から派生した全10巻のシリーズで、のちに刊行された創元推理文庫の「怪奇小説傑作集」の元になっている(ちなみに「世界恐怖小説全集」自体も「大ロマン全集」に収録された『怪奇小説傑作集』の成功で急遽企画されたものである)。
 ブラックウッドといえばやはり「ジョン・サイレンス」シリーズとなろうか。
 シリーズのいくつかはアンソロジーにも収録されてきたが、まとめて読むことができたのは国書刊行会の「ドラキュラ叢書」が初めて。
 余談だがアルジャナン・ブラックウッドという表記は昭和53年あたりからで、それ以前はアルジャノン・ブラックウッドが通例だったようだ。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

幽霊島
東京創元社・世界恐怖症説全集2
昭和33年8月20日初版発行

妖怪博士ジョン・サイレンス
国書刊行会・ドラキュラ叢書3
昭和51年9月1日初版発行

ケンタウロス
月刊ペン社・妖精文庫5
昭和51年10月25日初版発行

ブラックウッド傑作選
東京創元社・創元推理文庫帆船マーク 527-1
1978年2月24日初版発行

ブラックウッド怪談集
講談社・講談社文庫 B125
昭和53年8月15日初版発行

心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿
東京創元社・創元推理文庫 F
2009年1月30日初版発行

« 本棚の旅・蔵書自慢■W・H・ホジスン コレクション | トップページ | 本棚の旅・蔵書自慢■金城哲夫 コレクション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本棚の旅・蔵書自慢■A・ブラックウッド コレクション:

« 本棚の旅・蔵書自慢■W・H・ホジスン コレクション | トップページ | 本棚の旅・蔵書自慢■金城哲夫 コレクション »

いらっしゃいませ

  • :
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ