現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 本棚の旅■幽霊名画集/辻 惟雄 監修 | トップページ | 本棚の旅■官能小説用語表現辞典/永田守弘〔編〕 »

2015年9月11日 (金)

本棚の旅■蜘蛛の館/山田智彦

書 名/蜘蛛の館
著者名/山田智彦
出版元/角川書店
判 型/文庫判
定 価/300円
シリーズ名/角川文庫(角川文庫 3692)
初版発行日/昭和51年7月30日
収録作品/最後の夏、芍薬、蜘蛛の館、遠い棲家で、伊吹山頂

Photo_9

 著者の山田智彦は昭和11年生まれで、大学卒業後10年間銀行員として勤務した後、作家デビューしていて、得意とするジャンルは経済小説だったと記憶する。が、本書『蜘蛛の館』は帯にもあるように恐怖小説集である。
 もっとも恐怖小説というよりは、幻想小説に近い印象を受ける。
 本書に収録された作品の内、最初に掲載されている『最後の夏』が好きだ。この短編だけは何度も読み返している。
 自分の死期に気づいてしまった男が主人公なのだが、それはあくまでも直感であり、周囲の人間に理解されるものではない。だが主人公には確信があって、近づいてくる死を前にしてさまざまな行動をとっていく。今風にいえば終活というやつだろう。具体的にどこがということではないのだが、自分の死生観がこの作品に少なからず影響を受けている気がする。

« 本棚の旅■幽霊名画集/辻 惟雄 監修 | トップページ | 本棚の旅■官能小説用語表現辞典/永田守弘〔編〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108141/62076295

この記事へのトラックバック一覧です: 本棚の旅■蜘蛛の館/山田智彦:

« 本棚の旅■幽霊名画集/辻 惟雄 監修 | トップページ | 本棚の旅■官能小説用語表現辞典/永田守弘〔編〕 »

いらっしゃいませ

  • :
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ