現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■呪いの館・血を吸う眼 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■吸血髑髏船 »

2011年5月16日 (月)

涼風家シネマクラブ■血を吸う薔薇

監督/山本迪夫
キャスト/岸田 森、黒沢年男、田中邦衛、望月真理子、太田美緒、桂木美佳、ほか。
1974年/83分/日本

 東宝の、正統派な吸血鬼映画。
 岸田演じる吸血鬼は、ハマーフィルムの『ドラキュラ』を意識したものだろう。叫び声やアクションはクリストファー・リーを彷彿とさせる。
 安易な発想としてはドラキュラ伯爵やその血縁が日本にやってきていた、というものだろうが、本作では直接ドラキュラ伯爵には関係していない。もちろんこれには「ドラキュラ」を持ち出すと版権などの絡みがあることも関係しているだろうが、むしろ日本的な伝説に西洋の妖怪である吸血鬼を溶け込ませている点で注目していいだろう。

 人里はなれた寮制の女子校で起こる怪奇な事件に巻き込まれていく新任教師、という滑り出しで始まり、土地に伝わる(吸血)鬼の伝説、学園の謎と展開していくわけだが、なんといっても岸田の怪演が光る作品である。
 特撮としては吸血鬼が死ぬシーンと一部のミニチュアワークといったところで、あとは特殊メイクになるだろう。
 もともと日本の妖怪や幽霊といったものには人間の生き血を吸うという特徴はまれで、吸血鬼という存在そのものが日本の風土にはなじみがなかったといえる。また「ドラキュラ」が吸血鬼の代名詞のようにもなっているので、正統派の吸血鬼映画を作るのはいろいろな面で難しい事情があったのは想像できる。その点、本作ではビジュアル面でこそドラキュラ的なイメージを踏襲しながら、「ドラキュラ」とは一線を画すといううまいシナリオとなっている。
 ドラキュラ映画でおなじみの「お約束」も半ば封印していて十字架や聖水といった宗教的なアイテムも登場しない。また本家ドラキュラは死ぬと灰になるが、本作では溶けているように見える。

« 涼風家シネマクラブ■呪いの館・血を吸う眼 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■吸血髑髏船 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■血を吸う薔薇:

« 涼風家シネマクラブ■呪いの館・血を吸う眼 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■吸血髑髏船 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ