現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■血を吸う薔薇 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■昆虫大戦争 »

2011年5月23日 (月)

涼風家シネマクラブ■吸血髑髏船

監督/松野宏軌
キャスト/松岡きっこ、入川保則、岡田真澄、金子信雄、西村 晃、ほか。
1968年/80分/日本

 松竹の怪奇シリーズ第2弾として制作、公開された本作は、モノクロで怪奇な雰囲気を盛り上げている。
 特撮は「日本特撮映画株式会社」が協力という形で参加し、クレジットには川上景司らが確認できる。
 本作での特撮は主にミニチュアワークということになるだろうか。主役とも言うべき幽霊船と化した貨物船や、舞台となる教会を含む岬の景色など、なかなか見事な作りだ。また薬品による人体の溶解シーンもあり、人物との合成はともかく、溶解シーンそのものはよくできている。
 岡田真澄演じる悪人グループのボスは顔の右半分に火傷の痣があるという設定だが、DVDに収録されたインタビューによれば、特殊メイクというよりは、スキンヘッドのカツラからつながる「かぶりもの」だったという。また、低予算でオールロケでの撮影だったとのこと。貨物船の内部もセットではなく廃船で撮影されたようだ。

 冒頭で殺されてしまう松岡きっこが、タイトルバックのあと再び登場し「これはなにかあるな」と思わせるのだが、けっきょく双子の妹という設定だったりするのはいささかガッカリさせるものがある。とはいえ双子の妹という設定を生かしたストーリーではあるので、もったいぶらずに説明してしまってもよかったのではなかっただろうか。
 キャストには金子信雄のほか小池朝雄といった個性派俳優が出演しているのでその意味でも見応えはある。怪奇は謳っていても謎解きな印象も強く、全体として2時間ドラマ的な感じを受けた。
 松竹の特撮というと『ギララ』『ゴケミドロ』の2本の印象が強く他の作品がかすみがちではあるが、本作のような秀作もあったことは広く知られていいだろう。
 それにしても、松岡きっこ、キレイだったのですね。

« 涼風家シネマクラブ■血を吸う薔薇 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■昆虫大戦争 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■吸血髑髏船:

« 涼風家シネマクラブ■血を吸う薔薇 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■昆虫大戦争 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ