現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■幽霊屋敷の恐怖・血を吸う人形 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■血を吸う薔薇 »

2011年5月 9日 (月)

涼風家シネマクラブ■呪いの館・血を吸う眼

監督/山本迪夫
キャスト/高橋長英、藤田みどり、江美早苗、岸田 森、高品 格、大滝秀治、ほか。
1971年/82分/日本

  同監督による「血を吸う」シリーズの第2作目。本作で岸田の吸血鬼が登場し、3作目の『血を吸う薔薇』とともに岸田の吸血鬼俳優としてのイメージが固まったといえる。
 少女期に迷い込んだ洋館で見た吸血鬼の恐ろしい記憶を夢と思い込んで成長した主人公の前に、ふたたび吸血鬼は姿を現し、周辺の人々を襲いながら、主人公を自分の花嫁として迎えようと画策する。
 日本に吸血鬼がいるという理由として、その家系に吸血鬼がいたという外国人を設定。理由は明らかにされないが能登の海に近い森の中にひっそりと暮らしていたという設定である。どうやらその家系のものは必ず吸血鬼になるということではなく、岸田演じる吸血鬼も25歳のときに突然その習性が蘇ったとされている。
 岸田の演技や演出はハマーフィルム的なものだが、メイクの雰囲気はドイツ映画の『ノスフェラトゥ』を意識しているように感じた。

 主人公が油絵を描いていて、夢に出てくる心象風景を描いたりもしているわけだが、ストーリーそのものにその絵があまり関わってこなかったのは少々残念な気もする。
 圧巻は岸田演じる吸血鬼の断末魔。海外のホラー映画を凌駕するほどの迫力ある吸血鬼の最後と言っていいのではないだろうか。もっとも、体に杭が刺さってもがき苦しむシーンでは、杭の刺さっている部分に、服の下に仕込んだものの輪郭が見えてしまっているのが残念なのだが。
 吸血鬼(ドラキュラ)ものというと、やはり海外の作品がパッと思い出されるわけだが、本作、そしてシリーズ3作目の『血を吸う薔薇』という正統派の和製吸血鬼映画もそんな風にパッと思う出されるもののひとつになるのではないだろうか。
 
 

« 涼風家シネマクラブ■幽霊屋敷の恐怖・血を吸う人形 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■血を吸う薔薇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■呪いの館・血を吸う眼:

« 涼風家シネマクラブ■幽霊屋敷の恐怖・血を吸う人形 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■血を吸う薔薇 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ