現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■プライスレス~素敵な恋の見つけ方 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■雲南の少女 ルオマの初恋 »

2010年7月21日 (水)

ニューハーフという生き方/激白人生■21:川口由夏

川口由夏
31歳 T169 /B95・W65・H88
●昨年3月練馬で「club LADY SOUL」をオープン。11月に新宿・歌舞伎町に移転。美人ママとして大忙しの毎日だ。

「club LADY SOUL」●住所:東京都新宿区歌舞伎町2-30-2第5本間ビル2F・B号室

--店に入ると、奥から出てきたのは華やかな印象の由夏だった。きっと何も知らずに来た客は、由夏がシーメールなどとは思いもしないだろう。Fカップの大きな胸男を魅了するような瞳…、すべてが魅力的な人である。

OLとして働いていたことも…

 水商売に入ってから、まだそれほど経っていないんですよ。4年くらい前ですね。その前はコンピュータ関係の会社でOLしてました。まあOLっていっても入社自体は男として入っているんですけど、職場はわりと自由な服装だったし、周りも違和感なく受け入れてくれてたんで、女性っぽいというか、中性的な服装で仕事してました。化粧もしてましたよ。そんなバッチリしたものじゃなく、軽くでしたけど。髪も伸ばしてましたね。3年…半くらいかな、勤めていて、やっぱり上の方からときどき文句を言われたり、イロイロ話し合ったりもしましたけど、けっきょく辞めることにして、仕事を探しているときに、知り合いからニューハーフのお店を紹介されたんですね、歌舞伎町の。
 OLやってた時期からホルモンは始めてて、去勢も5年前にしました。実はこのとき性転換をするつもりで準備していたんですよ。病院も予約していて、あとは手術を受けるだけだったんですけど、院長先生がトラブルに巻き込まれちゃって、その時点で予約していた人は全員キャンセルになってしまったんです。そのときはショックでしたけど、すぐに考え直して少しずつしていけばいいかって。で去勢して、胸は水商売を始める前に大きくしました。いずれは性転換するつもりです。

小さいころから女の子といっしょ

 幼稚園の頃から遊ぶといったら女の子とばかりだったし、好きなものも女の子みたいな、可愛いものとかキレイなものとかでした。男の子がするような遊びとかって苦手だったんですよね。それに好きになるのも男の子だったし。だんだん成長するに従って、小学校の3年とか4年とかになってくると、女の子とばかりいっしょにいてもヘンな目で見られたりし始めるでしょ、だから男の子も苦手だし、どちらとも遊べない感じで悩んだ時期もありましたね。
 イジメとかは、特になかったなあ。どんな学校にも不良グループみたいな人たちがいるでしょ、わたしそういう人たちとわりと仲がよかったんですよ。だからイジメようにも手が出せないみたいな環境にいましたよね。
 小さいころから母親の化粧道具をイタズラしたり、スカートをはいてみたりしてましたね。特に女装っていうことではなかったけれど。小学校の高学年とか、中学校の頃は、意識的に女の子のカッコウをして遊びに出たりということもありましたよ。友達がそういうことに理解があったというか、わたしが女の子のカッコウをしてても受け入れてくれてたんですよ。だからたまに女の子のカッコウをしていっしょに遊んでました。
 母も理解があって、というか小さいころからのわたしを見ていてそういう子だなってわかっていたんだと思います。さすがに父はそうはいきませんでしたけど。
 いまは家族も親類も理解してくれていますよ。

初フェラそして初エッチのこと…

 最初にシーメールのことを知ったのは小学校の5、6ねんだったかな。友達の家でたまたま見た週刊誌にニューハーフの記事が載っていたんですよ。それで衝撃を受けたというか、自分もこんなふうになりたいなあって思いました。
 中学の頃にちょっと付き合っていた先輩の友達とあるきっかけでエッチなことになって、そのとき初めてフェラチオしました。アゴが痛くて大変だなって。相手は口の中に発射しようとしたんだと思うんだけど、ちょっとそれて口の周りにかかりましたね。ちょっと気持ち悪かったな。あとになって初めてフェラしたっていう喜びみたいな感情もありましたけどね。 初エッチは高校のころです。やっぱり先輩の友達(さっきとは別の人ですよ)とちょっと付き合っていたころで、その以前から彼の部屋に泊まったりしていたんだけど、その夜はなんかのキッカケでそういうことになっちゃった。いやあ、痛かったですね。もうホント。そりゃあ初めてっていう嬉しさもあったけど、やっぱり痛かったというのが最初にきちゃう。
 OLのころは、付き合っていた彼の職場でエッチしたこともありましたよ。わたしはそうでもなかったんだけど、向こうがしたくて仕方なかったみたいで。誰かが来たらっていうドキドキがすごくスリルがありましたね。

将来は地元で小料理屋をやりたい

 2丁目のことは知ってました。でも就職で上京するまで地方に住んでいたし、上京してからも、2丁目はホモとレズの街っていうイメージあって、自分とは違うなって感じていました。同じ新宿でも歌舞伎町じゃないかっていうのがありましたね。
 ニューハーフの店で働きだしたのが歌舞伎町で、ずっとここにいたわけですけど、ある縁があって練馬にお店を出すことになったんです。まあ、たまたま物件が空いていてもったいないから、いずれ歌舞伎町に戻るにしても、しばらく練馬でやってみようという感じだったんですよ。でも元々歌舞伎町にいたから、練馬までお客さんに来てもらうのも大変でしょ。けっきょく半年くらいで歌舞伎町に戻ることにしたんです。おかげさまで順調にやってます。
 将来は…そう、年をとったら地元にかえって小さな小料理屋かなんかをやりたいなって思ってますよ。着物かなんかで。母といっしょにできたらいいなって思いますね。わたし料理は好きなんです。一時期シェフしていたこともあるんですよ。和食全般にイタリアンエスニックあたりは得意かな。
 いまはまだこのお店を続けていかなくちゃいけないし、なにやかやと忙しくて恋愛する暇もないですね。もう少し余裕ができたら、彼氏を作って料理も作ってあげたいな。わたしわりと尽くすタイプなんですよ。

--セクシーな上に料理上手で尽くすタイプという由夏。女性でも理想的なタイプではないか。彼女が恋人だったらよかったのに。

初出■シーメール白書Vol,71

« 涼風家シネマクラブ■プライスレス~素敵な恋の見つけ方 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■雲南の少女 ルオマの初恋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューハーフという生き方/激白人生■21:川口由夏:

« 涼風家シネマクラブ■プライスレス~素敵な恋の見つけ方 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■雲南の少女 ルオマの初恋 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ