現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■恋人たちの失われた革命 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■イザベル・アジャーニの惑い »

2010年6月 9日 (水)

ニューハーフという生き方/激白人生■27:あんず

あんず 
T167/B(E-75)・W60・H93

「Motherテレサ」●住所:新宿区新宿3-8-2クロスビル4F

--Eカップの谷間もセクシーなあんずサン。お話も楽しく、取材をしているハズが、すっかり楽しませてもらいました。

小さなころから「なりたい」と思ってました。

 ニューハーフになりたいと思ったのは、けっこう小さいころからでしたね。テレビでキレイなお姉さんたちが出ているのを見てて、自分も「なるしかない」って。
 幼稚園のころから女の子たちに混ざって遊んでる方が、落ち着いたし、楽しかった。なんか男の子たちといっしょにいると、違和感があったんですよね。おばあちゃんも、お人形とか買ってくれてたりして、女の子たちと遊ぶ方が自然だった感じ。
 中学のころは、制服じゃなくて私服だったから、女の子の服を着てましたよ。さすがにスカートは履いてなかったけど。
 同級生は「あんずは、そういう子だから」っていう感じで見ててくれたから、特にイジメとかはありませんでした。その点、ラッキーだったなと思います。先輩たちには「なんだコイツ」って感じでにらまれてたりはしたけど。
 高校になってから、母にカミングアウトしたんです。さすがにこれ以上隠せないと思って。泣いてましたけどね。でも、ニューハーフとか性同一性障害とかの本をいっぱい読んで、わたしのことを理解しようとしてくれた。ありがたいですよね。
 父は反対でしたよ、やっぱり。2年前に豊胸手術をしたんですけど、そのときに改めて父と話をして、納得してもらいました。父の気持ちを考えれば、素直に応援はできないと思いますけど、今は実家に帰ると「がんばれ」「体に気をつけろ」って言ってくれます。
初告白は中学3年のころでした。

 初恋は中学3年のとき、かな。小学校からずっといっしょだった男の子がいたんですよ。小五、六と同じクラスで、中3になってまた同じクラスになったんです。彼は野球部に入っていて、体格も逞しくなっていたんです。で、改めて彼のことを考えたら、好きだなあって感じて…。
 で、ある時、女の子の友達の間で「好きな人に告白しよう」ということになって、わたしは、その彼に告白することになったわけです。思い切って電話で告白して、翌日、彼の返事を待ったんです。彼からは「友達のままでいよう」って言われて…。結果的には振られたんですけど、そんなふうに優しい言葉を選んでくれた彼が、やっぱり好きでしたね。
 初体験は19歳のころでした。
 新宿2丁目でバイトをし始めたころだったんですけど、そのバイトの帰りにナンパされて、そのままホテルに行っちゃいました。
 そのころは「とにかく経験してみたい」と思っていたし、彼は体も大きくてわたしのタイプだったんですよね。
 最初はすごく痛かったですよ。彼のアレもすごく大きかったし。で、やっと馴れてきて、気持ちよくなってきたかな、と思ったころに彼とは終わっちゃった。
 そうですね、エッチしてみて、やっぱり自分には男性がいいんだって思いましたよ。
 フェラチオというか、シックスナインで舐めあうのが好きなんですよ。ずーっと舐めてたい。でも、相手のほうが、それではガマンできないみたいですね。

つき合った彼が家族に会わせてくれたの。

 印象に残ってるのは、つき合った相手が、家族に紹介してくれたこと、かな。
 その前に自分の家族にも紹介していたんだけど、だからといってニューハーフの彼女を、自分の家族に紹介してくれる人って、そうそういないでしょ。すごくうれしかったですよ。
 好きなタイプというか、やっぱりニューハーフが好きな人とつき合うことが多くなりますよね。ニューハーフじゃなきゃ、という人のほうが愛してくれると思うし。
 水商売を始めたころは、とにかくお酒を飲まないといけないというのが、辛かったんですよ。自分のペースではなく、お客様のペースに合わせないといけないし。今はじゃんじゃん飲んじゃってますけどね。そうそう、ストレートで何杯も一気飲みをして、営業中だったのに手ぶらで家に帰っちゃって、寝てたっていうことがあるんです。ぜんぜん記憶ないんですけど。お財布も持ってなくて、どうやって帰ったんだか…。
 仕事は大好き。人とお話しするのは楽しいですよ。
 将来は…ウェディングドレス着たいんですよね。誰かもらってくれるかな。

--華のあるあんずサンが、いい雰囲気を作って、楽しい酒が飲める、そんな感じが伝わってきた。

初出■シーメール白書Vol,77

« 涼風家シネマクラブ■恋人たちの失われた革命 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■イザベル・アジャーニの惑い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューハーフという生き方/激白人生■27:あんず:

« 涼風家シネマクラブ■恋人たちの失われた革命 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■イザベル・アジャーニの惑い »

いらっしゃいませ

  • :
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ