現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■イザベル・アジャーニの惑い | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ユビサキから世界を »

2010年6月16日 (水)

ニューハーフという生き方/激白人生■26:かおり

かおり 
T158/B85・W61・H88

「アミューズメントクラブ・ムクムク」●住所:立川市曙町2-16-7ニュースBLDG2F

--「あたしでいいのかしら」と取材を申し込んだとき、かおりさんはポツリと言った。ときどき耳にする言葉だが、案外そう思っている人に限って波瀾万丈の人生を歩んでいたりするものである。

性を意識したのは中学生のころ…

 そうね、自分が周りの男の子たちと違うなって意識したのは中学に入ってからでしたね。
 ほら、小学校のころは着替えにしても男女一緒だったじゃない、だから性別とかって意識がなかったのよね。で、中学に入ったら急に男は男、女は女みたいに区別されるようになって、気がついたら自分は男の中にいるんだけど、ちょっと違うぞ、って。
 好きになるのも男の子だったし、女の子を見て可愛いなあって思っても、それは女の子自身じゃなくて、服とか持ってるものだったりしてたから、あ、あたしって精神的には女なのかなと思ったの。
 そりゃ誰にも言えないわよお。特に家族には言えなかった。あたしが中学のころって、テレビに出てるニューハーフも、どこかイロモノとかキワモノ的に扱われていて、父親なんかはテレビ見ながらあからさまに「気持ち悪い」なんて言ってたから、自分の息子がニューハーフになりたい、なんて言ったら…と考えるだけでダメだった。もうずっと隠し通してきて、最近になってやっと言えたのよ。といってもバレちゃったからすべて告白したって感じなんだけど。それでスッキリしたかな。

思い悩んで女性と初体験したころ

 初めて女性の服を着たのも中学のころでしたね。姉がいるんですけど、留守の間に彼女の服を着たりしてました。もうバレないように、ドキドキしながら。
 だから家の中とか、知ってる人に会わない場所とか、隠れて女装するというのが長く続いてたの。高校、大学、社会人…1年前はまだ普通に会社員してましから。
 20歳のころは「このまま男として生きていくしかないのかな」と思って、女性と付き合っていたこともありましたよ。セックスもしたんだけど、やっぱり違うなって思い知らされた。

忘れられないオナベの人との恋。

 多くのニューハーフの人たちに比べたら、やっぱりデビューは遅いですよね。自分自身、このまま男としての表の顔と、女としての本当の顔っていう生活を続けていくのかな、と思っていた時期もあるから、今こうして女として働けているというのが信じられないくらい。
 キッカケは自分の開設したホームページだったの。やっぱり同じような趣味の人とかが書き込んでくれたりして、本当の自分がだんだん表に出てくるようになったのかな。女装して電車に乗ったりもするようになったし。
 ホームページで知り合った人と恋愛もしました。実はオナベの人だったんだけど、ホルモン注射もしていて胸も取ってる人で、何よりも精神的に男だったから、相手としては問題なかった。ただ、遠距離恋愛で、メールや電話でしか連絡できなくて、半年くらい続いたんだけど、会ったのは1度だけでした。
 男性との恋愛は…あはは、あんまり恋愛って言えるようなのはないのよねえ。長く付き合うことがなかったし。

ホントはまだ処女なんです…。

 実はまだ挿入されたことはないの。指はあるんだけどね。
 なんていうのかな、相性の合う相手というか、エッチの上手い人と 出会わないというか…。ベッドに入っても、この人としても痛いだけで終わりそうって感じの人ばっかりだったから、しなかったんですよ。エッチの上手い人がいたら紹介してほしいわ。うふふ。
 でも今は家族にも、友人にも隠してることがないからホントに楽ですよ。仕事も本当の自分を出せばいいんだから、楽しいし。やっぱり本来の自分になれたって感じがしますよね。
 将来? そうですねえ。いろいろしてみたいことはあるんだけどやっぱり好きな人といっしょにいたいってことかなあ。さっき話したように、男性じゃなくても、精神的に男っぽい人であれば性別は問わないんだけど。その前に好きな人を作らないといけないか。あははは。あたしに興味があったらお店に来てくださいネ。ステキな男性、お待ちしてます。

--まだニューハーフとしての道を歩き始めたばかりのかおりさんは、明るくて楽しい人でした。興味のある方はホームページもご覧になってください。
http://m-pe.tv/u/page.php?uid=hikarin&id=1

初出■シーメール白書Vol,76

« 涼風家シネマクラブ■イザベル・アジャーニの惑い | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ユビサキから世界を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューハーフという生き方/激白人生■26:かおり:

« 涼風家シネマクラブ■イザベル・アジャーニの惑い | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ユビサキから世界を »

いらっしゃいませ

  • :
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ