現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« ニューハーフという生き方/激白人生■連載開始にあたって | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ブレードランナー(最終版) »

2010年4月26日 (月)

涼風家シネマクラブ■マーズ・アタック!

監督/ティム・バートン
キャスト/ジャック・ニコルソン、ルーカス・ハース、シルヴィア・シドニー、ジム・ブラウン、トワ・ジョーンズ、ほか
1996年/アメリカ/106分

 カルト的な人気を誇るティム・バートンの作品。かつてのB級SF映画へのオマージュを感じさせるもので、さまざまな作品からのエッセンスやパロディなどが見られる。日本からも「ゴジラ」が「出演」している。
 テレビ放映されたものを観たのであるいはカットされたシーンもあるかもしれないが、なかなか面白く鑑賞できた。「SFコメディ」とジャンルされてもいるのだが、基本的なストーリーというか、内容的に「インディペンデンス・ディ」と変わらないような気もした。それだけ物事は見方・見せ方で印象が変わるということだろう。
 本作はなんといってもジャック・ニコルソンの怪演が見物(まあ、この人はなにをやっても怪演かもしれないが)。印象的な火星人の造形に負けない印象的なアメリカ大統領を演じている。
「ゴジラ」が出演していることは先にも触れたが、本作で火星人を撃退する方法も、どうやらゴジラ映画の『怪獣大戦争』からアイデアをいただいているらしい。そういえば火星人の意味不明な言語もX星人に通じるものがあるかもしれない。
 コメディ調で気楽に観られる娯楽作品には違いないが、今後あるかもしれない異星人とのコンタクトは、案外こんなものかもしれない、と真面目に考えさせる内容であることも確か。そういう意味でも正統派のSF映画と言っていいのではないだろうか。
 

« ニューハーフという生き方/激白人生■連載開始にあたって | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ブレードランナー(最終版) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■マーズ・アタック!:

« ニューハーフという生き方/激白人生■連載開始にあたって | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ブレードランナー(最終版) »

いらっしゃいませ

  • :
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ