現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ガメラ対大悪獣ギロン »

2009年6月22日 (月)

涼風家シネマクラブ■ガメラ対宇宙怪獣バイラス

監督/湯浅憲明、特殊撮影/藤井和文
キャスト/本郷功次郎、八重垣路子、渥美マリ、八代順子、高塚 徹、カール・クレイグ・ジュニア、北原義郎、夏木 章、篠田三郎、ほか。
1968年/日本/72分

 地球侵略をねらうパイラス人の宇宙船が迫ってきていた。そこにガメラが現れ宇宙船を破壊する。本作の冒頭シーンである。
 すでに第2作の冒頭において宇宙空間でも自由に活動できることを見せていたガメラだが、地球の引力圏を飛び出すほどに強力な飛行能力があったらしい。

 本作の特徴のひとつは、ガメラを研究するためバイラス人がその記憶を探るところだろう。過去3作からガメラが登場するシーンをつないでいる。これは大幅な予算の削減があったためというようなことをどこかで読んだ気もするのだが、ストーリー上、構成上違和感のない展開とはいえ、バルゴンとの対決シーンなどはちょっと長すぎる気もする。またそのほかにもバイラス人によってコントロールされたガメラが街を破壊するシーンも、第1作のフィルムを流用している。
 本作から主人公は少年ふたりが基本となる。ひとりは外国の少年で、これは海外への売り込みを前提にしたキャスティングだったようだ。
 東京、大阪・神戸、名古屋・中京と地域色のあった過去3作とは違い、今回は明確な土地の名称はでてこない。また少年たちがバイラス人の人質になることから、舞台の大半がバイラス人の宇宙船の内部でもある。
 そして「子供の味方」ということについても、主人公の少年によって明確にセリフとして前面に出されてもいる。
 ガメラの造形はさらに親しみやすいものになっており、一説に最初のガメラのモデルがカミツキガメと言われるが、本作以降はどう見てもミドリガメである。
 

« 涼風家シネマクラブ■大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ガメラ対大悪獣ギロン »

コメント

 ごめんください。突然のコメントで誠に恐れ入ります。
 私は、下記のTBを致しました「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、こちらの記事には「ガメラ」の検索から参りました。
 拙Blogでは従来より、昭和ガメラに付いての観賞記をまとめておりまして、この度6月22日付けの下記TBの更新中にて、こちらの記事(大怪獣~本項までの計四編)を紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上した次第です。差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
 長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108141/45063501

この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■ガメラ対宇宙怪獣バイラス:

» ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2009/06/22 [ガメラ医師のBlog]
 前回の「 /06/08」はこちら。  大怪獣空中戦の思い出: 『「がめきち」の気まま日記』 http://ameblo.jp/t2-gamera/ さん、6月18日の更新。 ガメラが大好き・・・ガメラきちがい・・・だから・・・「がめきち」【写真あり】 http://ameblo.jp/t2-gamera/entry-10283084870.html 「母に連れていってもらった最初の映画 ガメラvsギャオス  それ以来、自分はガメラが大好き! 」  お写真は、「大怪獣」DVDカバーと20日にご紹... [続きを読む]

« 涼風家シネマクラブ■大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ガメラ対大悪獣ギロン »

いらっしゃいませ

  • :
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ