現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■東京少年/TOKYO BOY | トップページ | 涼風家シネマクラブ■グッド・シェパード »

2009年5月29日 (金)

涼風家シネマクラブ■接吻

監督/万田邦敏
キャスト/小池栄子、豊川悦司、仲村トオル、篠田三郎、ほか。
2006年/日本/108分/3月8日よりロードショー。

 東京の閑静な住宅街をひとりの男がブラブラと歩いてゆく。ドアに鍵のかかっていない家を見つけると無言で中に入っていき、一家を金槌で撲殺してしまうのだった。そして犯人は自分からマスコミに連絡し、逮捕の瞬間をテレビ中継させる。逮捕後、犯行を認めた以外は一切黙秘を貫き、拘置所に面会に来た弁護士にも口を開こうとしなかった。

 犯人逮捕の瞬間をテレビのニュースで偶然見たひとりのOLがいた。彼女は、逮捕される犯人がテレビカメラに向かってニッコリと笑った顔を見て何かを感じる。そして事件のことや犯人のことを報じた新聞や週刊誌を買い込んで、記事をスクラップし、犯人の生い立ちなどについて情報を集めていく。そして初公判を傍聴したあと、犯人の弁護士に、犯人に差し入れをしたいと申し出る。いきなり差し入れても受け取りはしないから、自分のことを弁護士の口から話して欲しいと言う。
 弁護士は初め、犯人と何らかのつながりのある人物かと思ったが、そうではなかった。しかし彼女と犯人には共通する何かがあったのだ。
 社会の中で、自分になんの否があるわけでもないのに、なんとなく周囲から見下されていたりする人、何か目的があるというわけでもなく生きている人、けっして悪い人間ではないし嫌われているわけではないが、好かれているわけでもない人。犯人と彼女はやがて手紙のやりとりを始め、おたがいが似た者同士であることを確認してゆくのだった。
 弁護士にも心を開かない犯人が、何かを話すキッカケになればと、彼女と犯人の交流を見つめていた弁護士だったが、いつからか彼女のことが気になる存在になっていることに気がつく。
 誰に対してもいっさい口を開くことのない犯人と、彼に共感する女性、ふたりを見つめながら彼女に惹かれていく弁護士、奇妙な三角関係は、犯人の一審判決を控訴するかしないかで揺れてゆくのだった。
 巨乳タレントの印象が強い小池栄子が、抑えた演技でシリアスに殺人犯に思いを寄せる女性を演じる、注目の異色ラブストーリーです。

« 涼風家シネマクラブ■東京少年/TOKYO BOY | トップページ | 涼風家シネマクラブ■グッド・シェパード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■接吻:

« 涼風家シネマクラブ■東京少年/TOKYO BOY | トップページ | 涼風家シネマクラブ■グッド・シェパード »

いらっしゃいませ

  • :
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ