現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSキングギドラ | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSメカゴジラ »

2009年3月 9日 (月)

涼風家シネマクラブ■ゴジラVSモスラ

監督/大河原孝夫、特技監督/川北紘一
キャスト/別所哲也、小林聡美、村田雄治、小高恵美、大竹まこと、ほか。
1992年/日本/102分

 大森一樹による脚本を大河原孝夫が演出。以後ほとんどの作品は大河原孝夫が監督している。
 前回『ターミネーター』的なアンドロイドを登場させたかと思えば、今回の冒頭はまるで『インディージョーンズ』である。

 また新怪獣「バトラ」(バトルモスラ)が登場したり、モスラがインファント島の守り神から地球の守護者に変わっていたりはするものの(この設定は、平成ガメラとギャオスの関係に近い)、基本的なストーリー進行は、やはり『モスラ』をなぞっていて、この線からはどうしても抜けられないようである。
 自社の利益ばかりを気にする大竹まことの演技など、なかなかよかったのだが、個人的にはこの作品が「VSシリーズ」低迷のキッカケになったような気がしてならない。もちろん興行的には大成功。モスラ人気を再確認させることになり、ハリウッド版ゴジラの製作・公開のために国内でゴジラが制作できない時期にはモスラで三部作が作られるキッカケにもなったと思う。
 なぜ低迷のキッカケになったと思うのか、というと、ひとつには正月映画として定期的に作られることが決まってしまったことで、ストーリーがパターン化してしまったこと、またストーリー発想の出発点が、物語ではなく、ゴジラがどの都市を破壊するか、どの相手と闘うかということになっていたと感じられること、その結果、バトルありきでゴジラの存在が「昭和シリーズ」のようにかすんでしまったことなどである。
 本作でも横浜が最終バトルの舞台となり、そのことが公開前から大きく扱われていたように記憶する。
 

« 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSキングギドラ | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSメカゴジラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSモスラ:

« 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSキングギドラ | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSメカゴジラ »

いらっしゃいませ

  • :
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ