現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■ゴジラ エビラ モスラ 南海の大決闘 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■怪獣総進撃 »

2009年2月 4日 (水)

涼風家シネマクラブ■怪獣島の決闘 ゴジラの息子

監督/福田 純、特技監督/有川貞昌、特技監修/円谷英二
キャスト/高島忠夫、久保 明、前田美波里、平田明彦、土屋嘉男、佐原健二、ほか。
1967年/日本/86分

 ある意味ゴジラシリーズの中で最も異色な作品。ゴジラの子供が誕生するという点だけいえば、ゴジラも生物であるから疑問はないが、生まれてきた子供が息子(オス)、ゴジラがお父さん(オス)というのはどういう根拠なのか?(笑)。というより生殖に重要なメスの存在はどうなっているのだろうか。

 この作品、劇場公開時には観ておらずテレビ放送があったかもしれないがそれも観なかったので、ずっと見逃していた作品だった。
 もっともゴジラの息子として登場するミニラがどうしても好きになれず、どちらかいえば「観なくてもいい」作品という位置づけだった。とはいえゴジラ映画の一本であることには変わりはないので1度観てみたいというのはあった。
 この作品で登場するのはミニラのほか、カマキラスとクモンガという昆虫怪獣で、どちらもこの作品がデビュー。ただ巨大な昆虫というだけなのだがインパクトは強かったようだ。もっともネーミングのよさもあったのかもしれない。
 国連による食料危機に備えた気象コントロール実験というものが基本線にあり、それを秘密裏に南海の孤島ゾルゲル島で行っている研究チームは、島から時折出される謎の妨害電波に悩まされている。それが親を呼ぶミニラの脳波だったというもの。
 気象コントロール実験を悪用されたら原水爆に匹敵する変気になる兵器になる、と危惧するあたり、ここ数作品で忘れていたゴジラ映画のテーマを思い出したような感じでもある。
 ミニラのイメージが強すぎるのとゴジラの造形がいまひとつ(これは個人的な感想)なことで作品全体に地味な印象があったのだが、今回観直してみてテンポや構成はまったく悪くない気がした。いやむしろ「見せる」作品と言ってもいいくらいだ。
 この作品で有川貞昌が特技監督デビューをしているのだが、特撮もしっかりしていてカマキラスやクモンガを単に大きな昆虫にしていない。

« 涼風家シネマクラブ■ゴジラ エビラ モスラ 南海の大決闘 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■怪獣総進撃 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■怪獣島の決闘 ゴジラの息子:

« 涼風家シネマクラブ■ゴジラ エビラ モスラ 南海の大決闘 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■怪獣総進撃 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ