現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■ゴジラ ミニラ ガバラ オール怪獣大進撃 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン »

2009年2月11日 (水)

涼風家シネマクラブ■ゴジラ対ヘドラ

監督/坂野義光、特殊技術/中野昭慶
キャスト/山内 明、木村俊恵、川瀬裕之、柴本俊夫、ほか。
1971年/日本/85分

 ある意味、昭和ゴジラシリーズを代表する一本。
 前作でも取り上げられた公害などの問題はますます人々のあいだで強く意識され、ついにはヘドロの中から怪獣が登場するに至った。
 また海を汚されたことで、再びゴジラも登場。その意味では原水爆実験によってゴジラが東京を破壊したのと同じ行動原理が働いているように見えるのだけれど、結果的にはヘドラを倒しただけで海を汚した人間に対してはなんらアクションは起こささない。

 本作で坂野義光は監督デビューしており、本編のほか特撮部分の演出も手がけている(特殊効果は中野昭慶)。
 原水爆実験より身近になった公害という問題をテーマにした点では評価してもいいと思うのだが、演出のテンポはいいとはいえず、また柴本俊夫演じるところの青年の存在もどこか中途半端。さらに放射能熱線で飛行してしまうゴジラに至っては言葉がない。
 佐原健二や平田明彦、田崎 潤など、これまで何らかの役で出演してきた俳優陣は本作で一新されているのだが、これもそれまでのシリーズ作品と印象を変えている理由かもしれない。

« 涼風家シネマクラブ■ゴジラ ミニラ ガバラ オール怪獣大進撃 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■ゴジラ対ヘドラ:

« 涼風家シネマクラブ■ゴジラ ミニラ ガバラ オール怪獣大進撃 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン »

いらっしゃいませ

  • :
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ