現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■キングコング対ゴジラ | トップページ | 涼風家シネマクラブ■三大怪獣 地球最大の決戦 »

2009年1月19日 (月)

涼風家シネマクラブ■モスラ対ゴジラ

涼風家シネマクラブ■モスラ対ゴジラ

監督/本多猪四郎、特技監督/円谷英二
キャスト/宝田 明、星 由里子、小泉 博、藤木 悠、佐原健二、ほか。
1964年/日本/89分

 ゴジラシリーズ2作のあとにカラーで制作されたのが『モスラ』で、『ゴジラ』に匹敵するヒット作となった。キングコングのあとにゴジラと対決する相手としてモスラが選ばれたのはそういう事情もあっただろう。

 台風の影響による山崩れで、インファント島の地中からモスラの卵が海に落ち、そのまま日本の海岸まで漂流してきてしまう。その卵を手に入れ刊行施設の目玉にしようとする工業主と、卵をインファント島に返そうとする新聞記者と学者の対立のなか、ゴジラが登場して卵に危機が迫る。
 これだけだとまったく新しいストーリーという印象かもしれないが、実際は『モスラ』を下敷きにして、そこにゴジラという要素を加えたような展開になっている。モスラの故郷であるインファント島が周辺の核実験によって死の島になってしまっているという描写や改めて原水爆に対する批判を強調している点では、第1作『ゴジラ』のテーマに回帰したといえなくもない。
 インファント島から卵の返還を求めてやって来るの少美人は『モスラ』と同様にザ・ピーナッツが演じている。「モスラの歌」も挿入され、『モスラ』と『ゴジラ』を同時に楽しめるという意味ではうまく融合した作品といえるかもしれない。
 ところで、本作のゴジラの造形は人気が高い。個人的にも昭和ゴジラの中では一番好きな造形だ。

« 涼風家シネマクラブ■キングコング対ゴジラ | トップページ | 涼風家シネマクラブ■三大怪獣 地球最大の決戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■モスラ対ゴジラ:

« 涼風家シネマクラブ■キングコング対ゴジラ | トップページ | 涼風家シネマクラブ■三大怪獣 地球最大の決戦 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ