現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■レッドバルーン | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ゴジラ/ゴジラの逆襲 »

2008年12月22日 (月)

涼風家シネマクラブ■アメリカンギャングスター

Mains アメリカンギャングスター
監督/リドリー・スコット
キャスト/デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウィテル・イジョホォー、ジョシュ・フローリン、ほか
2007年/アメリカ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンよりDVD発売/3800円

 1960年代後半。ニューヨーク・ハーレム地区の黒人ギャングのボス、パンピーが死んだ。彼の運転手だったフランク・ルーカスは、事実上の右腕だったが周囲ではそうは見ていなかった。ボスが死んだあと、バラバラになろうとする黒人ギャング社会をまとめたのはフランクだった。彼はベトナム戦争で米軍が現地の麻薬に溺れているというニュースを見て、ベトナムの米軍を利用して純度の高いヘロインを密輸し、純度の低いヘロインよりも安値で売り出したのだった。表向きはクラブのオーナーであり、派手なこともせず警察にマークもされることなく商売は順調に伸び、田舎から家族や親類を呼び寄せ組織の中核としていく。それはパンピーの元でイタリアマフィアなどとかかわりながら学んだことだった。

 同じころ警官のリッチー・ロバーツは賄賂(わいろ)を受け取らない潔癖さがたたって仕事を干されていた。そこに麻薬特別捜査官の任務が与えられる。仕事に没頭するあまり妻との離婚を余儀なくされ、女癖もよくないリッチーだが、正義のために戦う姿勢は賄賂目当ての悪徳警官たちとは雲泥の差だった。
 が、潜入調査の甲斐もなく純度100%ヘロイン「ブルーマジック」を売る元締めはわからなかった。そんなとき、モハメド・アリの試合にやって来た高級毛皮に身を包んだフランクを見かける。
「あれは誰だ?」そんな疑問からフランクの正体に迫っていく。
 ビジネスとして麻薬を売るフランクと正義のためにフランクを追い詰めるリッチーとの行き詰まる攻防が描かれながら、当時の警官たちの堕落ぶりやフランク以外のギャングたちの質の悪さも描かれ、どちらが本当に正義なのか疑問にも思えてくる。そう、これは事実をもとに描かれた映画なのだ。
 デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの共演もさることながら、リドリー・スコットがメガホンを取った、硬質ではあるがメンタテインメント性の高い作品になっている。

« 涼風家シネマクラブ■レッドバルーン | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ゴジラ/ゴジラの逆襲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■アメリカンギャングスター:

« 涼風家シネマクラブ■レッドバルーン | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ゴジラ/ゴジラの逆襲 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ