現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■約束の旅路 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■松ケ根乱射事件 »

2007年2月23日 (金)

涼風家シネマクラブ■神童

Main_3 神童
監督/萩生田宏治
キャスト/成美璃子、松山ケンイチ、手塚理美、吉田日出子、柄本 明 ほか
2006/日本/120分

 言葉を覚える前から譜面が読めた、という成瀬うた。神童ともてはやされながらも、自分の才能を持てあまし、ピアノのレッスンすらもする気になれない。そんなとき、音大を目指す浪人生、菊名和音と出会う。
 和音は自宅のピアノを、近所に遠慮して夜には弾かないルールを守りながら、受験に向けて精一杯がんばっていたが、上手いとは言えない腕前。ひょんなキッカケでうたが和音にピアノを教えるようになるのだが…。

 ピアニストの父を亡くし、母とふたりの暮らしの中、過剰な母の期待も重く感じられる、うた。受験に向けて必死な和音には、そんな彼女でも気楽に見える。微妙にすれ違いながらも、お互いを差さえ合うふたり。
 和音はついにやって来た受験当日、あまりの緊張から、受験会場を飛び出してしまうが、そこに待っていたうたと会い、自信を取り戻して試験を受ける。
 合格した和音は、試験のときの演奏と普段の演奏のギャップから、教授に見放されたりしながら、日々ピアノに向かっていく。
 一方うたも、父の残したピアノを失い,ピアノを弾けない寂しさを味わう。
 やがて、和音の担当教授とうたの父が昔音楽仲間だったことがわかったり、小さな偶然が大きな運命へとつながっていくのだった。
『のだめカンタービレ』のヒットでクラシックを題材にしたドラマやアニメが注目される中、同様にクラシックを扱ったこの作品が映画化された。『デスノート』の「L」役での記憶も新しい、松山ケンイチ出演作としても注目だろう。
 クラシック音楽に詳しければ、より楽しめると思うが、そうでなくても充分に映画の中に引き込まれていく仕上がりだ。お互いが気にかかりつつ、どこかすれ違ったままのうたと和音。「わたしは音楽だから」と言う神童うたと、練習を繰り返して上達していく和音。
 和音と出会うことで、音楽の素晴らしさ、人とのつながりに目覚めていく、うたの成長も見どころである。

「微熱」4月号掲載/セブン新社刊

« 涼風家シネマクラブ■約束の旅路 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■松ケ根乱射事件 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■神童:

« 涼風家シネマクラブ■約束の旅路 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■松ケ根乱射事件 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ