現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月21日 (木)

涼風家シネマクラブ■みえない雲

Kumo_1 みえない雲
監督/グレゴール・シュニッツラー
キャスト/パウラ・カレンベルク、フランツ・ディンダ、ハンス=ラウリン・バイヤーリンク、トーマス・ヴラシーハ、カリーナ・ヴィーゼ ほか
2006/ドイツ/103分

 ドイツの田舎町に住む普通の女子高生ハンナ。ちょっと風変わりな転校生、エルマーが気になる女の子の日常を、追いながら映画は始まる。ティーンエイジャーのラブストーリーかと思っていると、突然物語は急転。試験を抜け出して、誰もいない視聴覚室でキスをしていたハンナとエルマーの耳に、原子力発電所の警報が聞こえてくる。

続きを読む "涼風家シネマクラブ■みえない雲" »

2006年12月20日 (水)

涼風家シネマクラブ■エコエコアザラク

Pho01 『エコエコアザラク』
監督・脚本・編集/太一
キャスト/近野成美、伊藤裕子、IZAM、野村宏伸、ほか。
2006年/日本/R-page・79分[公開中]/B-page・83分[12月30日より公開]

『エコエコアザラク』は、かつて「週刊少年チャンピオン」に、古賀新一によって連載されたホラーコミックである。人気もあり、長く続いたが、それも70年代の話。とはいえ、いまもってその人気は高く、映画やテレビドラマなどの映像作品にもなっている。そしてまた、新たな劇場映画として、何度目かの復活となった。
 今回、主人公であり魔女でもある黒井ミサを演じるのは『ラブ★コン』などに出演した近野成美。監督には、500本近いCMを制作してきた太一。これまでにないVFX映像が期待される。
 また先ごろ突然の結婚でも話題となった、IZAMが俳優として参加している。
 今回の映画は、ゲームのような謎解き要素も加わった2部作として制作されており、赤をイメージした「R-page」、黒をイメージした「B-page」として別々に公開される。もちろんそれぞれが独立して楽しめるほか、より大きな謎が描かれている。

「微熱」2月号掲載/セブン新社刊

2006年12月19日 (火)

涼風家シネマクラブ■エンロン・巨大企業はいかにして崩壊したのか?

Enron『エンロン  巨大企業はいかにして崩壊したのか?』
監督・脚本/アレックス・ギブニー
ナレーター/マット・ハウザー
2005年/アメリカ/110分
[公開中]

 近年アメリカで起こった企業スキャンダルを、元社員やジャーナリストなどの証言とニュースフィルム等を駆使して検証した、ドキュメンタリーである。
 奇しくも、日本でも、この事件とよく似た形の「ライブドア」粉飾事件があったわけで、映画を観ながら、どうしてもふたつの企業を重ね合わせずにはいられなくなってしまう。それほどふたつの事件はよく似ているのだ。
「エンロン」はエネルギー関係の会社として出発し、その基幹事業はまちがいなく、エネルギーにまつわるもののハズなのだか、いつの間にか、自社株の価値を上げることに熱中し始め、株取引によって大きくなっていく。いつしか会社は株によって成り立っていくのである。これこそが「ライブドア」とまったく同じ道ではないか。
 だれも止めることができなかったのか、映画は鋭く追及する。瞬く間に崩壊した巨大企業の姿に、いまわたしたちが信じているこの社会を投影して、もう一度見直してみることも大事なことだろう。

「微熱」1月号掲載/セブン新社刊

続きを読む "涼風家シネマクラブ■エンロン・巨大企業はいかにして崩壊したのか?" »

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ