現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« ■冬の最初の日 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■エンロン・巨大企業はいかにして崩壊したのか? »

2006年11月26日 (日)

涼風家シネマクラブ■椿山課長の七日間

Tsubaki 椿山課長の七日間
監督/河野圭太
キャスト/西田敏行、伊東美咲、成宮寛貴、志田未来、須賀健太、ほか。
2006/日本/118分

 デパートに勤める椿山課長。その日もいつもと変わらず、仕事をこなしていたが突然倒れ、そのまま死んでしまった。
 目が覚めると、教会のような建物の中で、天井はなく、空が見えている。周りには見知らぬ人々が大勢いて、それぞれ無言で座っている。そこに真っ白な服を着た女性が現れ、「みなさんは4日前に亡くなりました」と告げる。

 このまま天国に行くか、永久の消滅を選ぶか、初七日までの短い間だか、現世に戻ることを望むか、の選択を迫られ、あまりにも突然に死んでしまったために家族などへ心残りがある椿山課長は、現世に戻ることにした。
 とはいっても、すでに死んでいる人間である。そのままでは戻れない。生前の自分とは真逆の、若い女性の姿に変えられてしまう。また、課長が付き添いを申し出た、雄一という少年も、蓮子という少女に変わっていた。
 少女は、実の両親を探し出して逢いたいといい、課長は白い服の女性から「重大な事実」を知らないままに死んでしまったと告げられ、その事実を知ろうとするのだが…。またもうひとり、ヤクザの親分も現世に戻り、子分たちが殺し合いをしないよう、足を洗わせるために奔走するのだった。
 西田敏行演じる椿山課長が、伊東美咲演じる椿となって蘇り、中年男性がするであろう行動などを伊東が演じているところも注目だろう。強いて言えば、もう少し西田の動きに近ければよかったかと思うけれども。
 課長の息子役として、現在引っ張りだこの須賀健太。蓮子役に志田未来と、キャストもいい。
 またヤクザの親分に綿引勝彦、その蘇った姿に成宮寛貴が扮し、綿引の子分に國村 準というあたりも、なるほどと思わせる。特に國村演じるヤクザ夫妻が、昔、子供を施設に預けた話をしたあとに成宮が妻にビールを注ぐシーンは泣かせどころである。
 人が死ぬということ。残された人たちの幸せということをちょっと考えさせ、温かい気持ちにさせてくれる映画だ。

「微熱」07年1月号掲載/セブン新社刊

« ■冬の最初の日 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■エンロン・巨大企業はいかにして崩壊したのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■椿山課長の七日間:

« ■冬の最初の日 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■エンロン・巨大企業はいかにして崩壊したのか? »

いらっしゃいませ

  • :
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ