現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 涼風家シネマクラブ■新・O嬢の物語 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■僕は天使ぢゃないよ »

2005年10月 4日 (火)

涼風家シネマクラブ■愛なくして

愛なくして
監督/高林陽一
キャスト/藤沢 薫、木元としひろ、遠藤久仁子、栗塚 旭、浜崎麿吉、ほか

「魂のシネアスト」と呼ばれる高林陽一監督の特集上映で、16年ぶりの新作長編『愛なくして』が公開される。
 といいながら、高林監督に関してまったく予備知識があるわけではない。ないのだが、過去の作品をたどってみると、『蔵の中』『雪華葬刺し』など、個人的に好きな映画が含まれていることを知り驚いた(それ以前に監督名くらいチェックしておけって感じですか)。

愛なくして
監督/高林陽一
キャスト/藤沢 薫、木元としひろ、遠藤久仁子、栗塚 旭、浜崎麿吉、ほか

「魂のシネアスト」と呼ばれる高林陽一監督の特集上映で、16年ぶりの新作長編『愛なくして』が公開される。
 といいながら、高林監督に関してまったく予備知識があるわけではない。ないのだが、過去の作品をたどってみると、『蔵の中』『雪華葬刺し』など、個人的に好きな映画が含まれていることを知り驚いた(それ以前に監督名くらいチェックしておけって感じですか)。
 いったんは映画界からの引退も考えての沈黙だった16年の間を置いて制作された『愛なくして』は、妻を亡くしその先の人生に張り合いをなくした老人を中心にストーリーが進行する。知り合いの医者に安楽死を頼み込み、妻との思い出の場所を辿る老人。また夫に先立たれ、生前には感じることもなかった夫への思いを、その死の直前から実感し、立ち直ることができない未亡人。若くして不治の病を宣告される青年。中年男性の自殺を目撃してしまう若いカップル…。登場する人物達は、いつか来る死ではなく、いま目の前にある死と向き合う。
 タイトルの『愛なくして』も、愛を無くしたことと、愛がなければ、という二重の意味に受け取れる。
 映画は必ずしも死を肯定しているわけではない。愛するパートナーを亡くしても、思い出を胸に生きていくことを説く僧侶も登場する。そしてなによりもラストシーンに若いカップルのキスをもってきているところに、死があるからこその生を謳っているように感じられるのだ。 取り立ててドラマティックな展開があるわけでもなく、派手なアクションがあるわけでもない。見る人によっては説教臭く感じるかもしれないが、ジワっと心に染み込んでくる作品だ。
 高林監督は自主制作の8ミリ作品をかわきりに、自主制作映画と商業映画のあいだを行き来していたという。先に挙げた2作のほか、ATGの『金閣寺』『本陣殺人事件』などの代表作もある。
 今回、試写会で8ミリ時代の『石ッころ』という35分の作品も見ることができた。モノクロ、サイレントのシュールな作品だったが、イタリア・モンテカティーニ・アマチュア国際映画祭で金賞を受賞しているだけあって、記憶に残る作品だった。
『愛なくして』は高林監督がわたしたちに突きつけた死への覚悟かもしれない。

「微熱」04年7月号掲載

« 涼風家シネマクラブ■新・O嬢の物語 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■僕は天使ぢゃないよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■愛なくして:

« 涼風家シネマクラブ■新・O嬢の物語 | トップページ | 涼風家シネマクラブ■僕は天使ぢゃないよ »

いらっしゃいませ

  • :
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ