現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月25日 (日)

涼風家シネマクラブ■イオセリアーニに乾杯

イオセリアーニに乾杯
オタール・イオセリアーニ映画祭

『素敵な歌と船はゆく』『月曜日に乾杯!』の監督、オタール・イオセリアーニの特集上映が、この初夏始まる(注・雑誌掲載当時)。
 今回公開されるのは初監督作品の『四月』に『歌うつぐみがおりました』『蝶採り』『群盗、第7章』の劇場初公開4作品と『素敵な歌と船はゆく』『月曜日に乾杯!』の大ヒット2作。
 イオセリアーニ作品というのは日本ではほとんど知られていなかったのだが、カンヌやベルリン、ヴェネチアといった映画祭では数々の賞をとっており、ヨーロッパを中心に世界的に高い評価を受けているという。あいにく海外に知り合いもいないし、海外における映画事情に詳しい友人もいないのでハッキリしたことはわからないが、作品を観た印象としては日本よりはヨーロッパでウケるというのはうなずける。

続きを読む "涼風家シネマクラブ■イオセリアーニに乾杯" »

2005年9月23日 (金)

涼風家シネマクラブ■映画クレヨンしんちゃん・嵐を呼ぶ!栄光のヤキニクロード

映画クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶ! 栄光のヤキニクロード

 昨年劇場公開された『映画クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶ! 栄光のヤキニクロード』がセルビデオとしてバンダイビジュアルから発売された!
 前作『戦国大合戦』、前々作『モーレツ! おとな帝国の逆襲』が大人も子供も楽しめる、というか大人だけでも充分楽しめちゃう作品だったのに比べて、本作は純粋に笑いを追求したスラップスティックコメディに仕上がっていて、家族そろって笑い転げる作品と言える。
 しかしそれだけに、ストーリー自体はいたって単純になっていて、野原一家が事件に巻き込まれる展開もあっさりしすぎている印象が強い。

続きを読む "涼風家シネマクラブ■映画クレヨンしんちゃん・嵐を呼ぶ!栄光のヤキニクロード" »

2005年9月20日 (火)

涼風家シネマクラブ■ニュータウン物語

new_town ニュータウン物語
監督/本田孝義

 岡山県にある山陽団地。ここが監督の本田孝義が育った街である。大学進学と共に東京に出て以来ほとんど帰ることのなかったその場所に、監督はカメラを携えて戻ってきた。
 高度成長期にあって「ニュータウン」は希望の街として注目を浴びていた。それがいつしか批判の対象となり、現在では高齢化が進む深刻な状態だ。

続きを読む "涼風家シネマクラブ■ニュータウン物語" »

2005年9月18日 (日)

涼風家シネマクラブ■ヴァンダの部屋

ヴァンダの部屋
監督/ペドロ・コスタ、

キャスト/ヴァンダ・ドゥアルテ、ジータ・ドゥアルテほか。

ポルトガル=ドイツ=フランス

「廃墟」が流行っているようだ。個人的には15年くらい前の流行で、いまさらという感は否めない。ペドロ・コスタ監督の『ヴァンダの部屋』も、もしかしたらそういう「廃墟ブーム」に当て込んだ公開なのかもしれない。

続きを読む "涼風家シネマクラブ■ヴァンダの部屋" »

2005年9月15日 (木)

涼風家シネマクラブ■気まぐれな唇

気まぐれな唇
監督/ホン・サンス、キャスト/キム・サンギョン、チュ・サンミ、イェ・ジウゥン、ほか。韓国。

 この映画の内容を簡単にいってしまうと、駆け出しのあまり売れていない俳優が、先輩を訪ねて旅に出た先で出会った女たちと行きずりの恋をするということになるのだが、これだけでは面白いのかつまらないのかわからないと思う。正直なところ「見たい」とは思わないかもしれない。そこでタイトルである『気まぐれな唇』である。そう、主人公が出会う女たちはそれぞれに主人公に対し好意的な言葉を囁き、あるいは愛しているとまで言う。しかし、である。出会いはすぐに別れを迎え、女たちは去っていく。

続きを読む "涼風家シネマクラブ■気まぐれな唇" »

2005年9月14日 (水)

涼風家シネマクラブ■1980(イチキューハチマル)

『1980(イチキューハチマル)』
監督・ケラリーノ・サンドロヴィッチ
キャスト/ともさかりえ、蒼井 優、犬山イヌコ、及川光博、田口トモロヲ、ほか。

 80年代に対する再評価がじょじょに高まっている。今回取り上げる映画『1980(イチキューハチマル)』もそんな80年を舞台にした作品。1980年12月9日、ジョン・レノンが殺された翌朝から大晦日までの、ある三姉妹を描いた映画なのである。

続きを読む "涼風家シネマクラブ■1980(イチキューハチマル)" »

2005年9月 3日 (土)

涼風家シネマクラブ■チンパオ

jvdd-1190  チンパオ
監督/田中新一
キャスト/田村高廣、岩崎ひろみ、金山一彦、大浦龍宇一、徐可心、禹天姿、根岸季衣、ほか
1999年/日本・中国合作/94分

 日中平和友好条約締結20周年を記念して企画された映画である。戦後60年の今あらためて見てほしい作品だ。
 物語は戦時中の中国大陸と、戦後50年が経った熊本が舞台である。戦争中の体験を胸に秘めたまま、故郷の熊本で暮らしてきた相澤(田村高廣)は、忘れられない出来事と、それに深く関わった堀軍曹(金山一彦)の思い出を辿るために、中国・桂林へと旅立つ。

続きを読む "涼風家シネマクラブ■チンパオ" »

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ