現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 椋 陽児と緊縛アートの魅力 | トップページ | DIG-UP COLLECTION 2/羽中ルイ »

2005年6月 9日 (木)

DIG-UP COLLECTION 1/椋 陽児

柔肌に食い込む縄/椋陽児

 この1、2年急激に70年代の官能劇画が再評価され始めた。まだまだ1部の作家の1部の作品でしかないが、単行本が刊行され気軽に手に取ることのできる状況になってきたことは非常に嬉しい。そんな状況のなかで再評価、復刻を待たれる作家のひとりに椋陽児がいる。

DIG-UP COLLECTION

柔肌に食い込む縄/椋陽児

 この1、2年急激に70年代の官能劇画が再評価され始めた。まだまだ1部の作家の1部の作品でしかないが、単行本が刊行され気軽に手に取ることのできる状況になってきたことは非常に嬉しい。そんな状況のなかで再評価、復刻を待たれる作家のひとりに椋陽児がいる。
 椋陽児は笠間しろうと並ぶSM劇画の大家。絵柄が非常によく似ていることから両者は比較されることが多かった。笠間が人妻・熟女ものを中心にしていたのに対し、椋は制服の女子高生を描くことが多かったのは、絵柄が似ていることによる差別化だったのだろう。このふたりの絵柄がなぜここまで似ているのか、については様々な憶測もあったが、最近になって椋本人がインタビューで「笠間さんの真似をしたんです」と答えたという。長年の疑問が一気に消えてしまった。
 椋陽児は、単行本のカバー折り返しに掲載された略歴によると、昭和3年、堺市生まれ。小学校卒業後、旋盤工や電気工、セールス、編集者を経て35歳でデビューとある。経歴にある編集者がどのような雑誌や出版社でのことかはわからないが、実はSM雑誌黎明期の草分け的な雑誌『裏窓』の編集者をしていたという。『裏窓』では別名で小説や挿絵も描いていて(多くは落合竜二名義)、椋陽児誕生の前後には『裏窓』の編集者であったと思われる。そのような経緯があってSM作品ばかりを描いていたのかもしれないが、実際椋の描く緊縛画は同様にSM雑誌で活躍する縛り絵師たちの追随を許さないような、独特な雰囲気、完成された画力があった。実はボクなどは、ちょっとコメディータッチで描かれる椋の劇画作品より、日本的で陰湿な雰囲気があふれる緊縛イラストの方が好きだったりもする。椋本人はさまざまな絵柄をこなす器用さもあって、線の細いスタイリッシュな絵柄で外国小説、例えば『O嬢の物語』の挿絵を描いたりしていたこともあり、これはこれでなかなか味があってよかった。

猫目ユウ/初出・「comic幻羅」VOL1

« 椋 陽児と緊縛アートの魅力 | トップページ | DIG-UP COLLECTION 2/羽中ルイ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DIG-UP COLLECTION 1/椋 陽児:

« 椋 陽児と緊縛アートの魅力 | トップページ | DIG-UP COLLECTION 2/羽中ルイ »

いらっしゃいませ

  • :
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ