現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« DIG-UP COLLECTION 2/羽中ルイ | トップページ | DIG-UP COLLECTION 4/井上英樹 »

2005年6月11日 (土)

DIG-UP COLLECTION 3/つつみ進

愛欲に狂う男と女/つつみ進

 70年代末から80年代の初めにかけて官能劇画のブームがあった。どのようなブームにもきっかけになる事件やブームをリードするカリスマがあるわけだが官能劇画ブームの時にそのきっかけとなりカリスマになったのは石井隆だった。単にセックスを描くだけではないストーリー性や演出に、当時の読者は魅了された。そして石井隆の画風や作風に似た作家がずいぶん登場していった。そのひとりに、今回取り上げる「つつみ進」もいたのである。

DIG-UP COLLECTION

愛欲に狂う男と女/つつみ進

 70年代末から80年代の初めにかけて官能劇画のブームがあった。どのようなブームにもきっかけになる事件やブームをリードするカリスマがあるわけだが官能劇画ブームの時にそのきっかけとなりカリスマになったのは石井隆だった。単にセックスを描くだけではないストーリー性や演出に、当時の読者は魅了された。そして石井隆の画風や作風に似た作家がずいぶん登場していった。そのひとりに、今回取り上げる「つつみ進」もいたのである。
 デビュー当初は細い描線で女性の髪の1本1本までを描きこむ画風はまさに石井隆のコピーで、決してうまいとはいえない絵も石井隆のデビュー当時に似ていた。しかしつつみの描くストーリーは誰もが抱える心の暗部のような、派手なファックシーンが登場するわりには、オナニーのオカズとしては滅入ってしまうようなものが多かった。そんな作風でも、つつみは石井の正当な後継者だったのではなかろうか。
 当初はあまりうまくなかった絵も次第に磨きがかかり、最初の単行本を出したころには石井以上に魅力的な女性を描いていたと思う。それに伴いストーリーは、心の暗部を扱いながらもラストのどんでん返しに止まったり、単にストーリーにオチを着けるものだったりするようになる。愛欲から人を殺してしまったり自殺したりという物語ばかりでは読者も着いてこれなかったろうから、これはこれで良かったのだと思う。個人的には初期のちょっと荒れた画風の暗い話が好きだったりもするのであるけれども。
 画力がアップすると同時につつみの魅力は巨乳な登場人物へと移ってゆく。外国の巨乳モデル並にでかいオッパイが画面いっぱいに描かれ、設定もOLや学生から人妻が多くなっていった。官能劇画ブームは確実にロリコン・美少女ものに移ってゆき、劇画調の画風は人妻ものに追いやられていったのである。 石井隆の「土屋名美」に対抗して(?)つつみ進が創造した「樋口玲子」。官能劇画再評価が進むいまこそ読み返してほしい作品である。

付記/つつみ進は現在「智代次」名義で活躍中である。

猫目ユウ/初出「comic幻羅」VOL3(大洋図書刊)

« DIG-UP COLLECTION 2/羽中ルイ | トップページ | DIG-UP COLLECTION 4/井上英樹 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DIG-UP COLLECTION 3/つつみ進:

« DIG-UP COLLECTION 2/羽中ルイ | トップページ | DIG-UP COLLECTION 4/井上英樹 »

いらっしゃいませ

  • :
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ