現在時間

  • 現在時間
フォト

ANOTHER STYLE について

  • : ANOTHER STYLE
    「ANOTHER STYLE」はフリーライターのグループ「涼風家(すずかぜや)」のメンバーによるWEBマガジンです。2010年4月21日より毎週水曜の更新で「ニューハーフという生き方」を連載開始。取材させていただけるニューハーフの方も募集しております。

涼風家の電子書籍

  • ブクログ

本棚



FB

アルファポリス

« 月光 | トップページ | 祈祷師のために »

2005年5月26日 (木)

猫目ユウの新・本大好き!

VOL1〔これが劇画だ!!〕

 平田弘史の作品をまともに読んだのは「日本文芸社」から全8巻の作品集(函入りの方である)が刊行されたときだから、決して早いとはいえない。劇画そのものはそれ以前から読んでいたわけで、抵抗があったわけではないが、やはり平田作品が時代劇であるということで食指が伸びなかったというべきだろう。実際、氏の代表作である『薩摩義士伝』や『弓道士魂』などの単行本の存在は知っていたのだから。

VOL1〔これが劇画だ!!〕

 平田弘史の作品をまともに読んだのは「日本文芸社」から全8巻の作品集(函入りの方である)が刊行されたときだから、決して早いとはいえない。劇画そのものはそれ以前から読んでいたわけで、抵抗があったわけではないが、やはり平田作品が時代劇であるということで食指が伸びなかったというべきだろう。実際、氏の代表作である『薩摩義士伝』や『弓道士魂』などの単行本の存在は知っていたのだから。
「日本文芸社」の作品集で平田作品の洗礼を受け、それ以来好きな作家・作品に入れているのだが、この1年ばかりのあいだにまた平田ブームが起こって新たな単行本が刊行されて、未読だった作品が読めるのが嬉しい。中でも「サンコミックス(朝日ソノラマ)」で刊行されて以来長年のあいだ読むことができなかった『座頭市』が復刻されたのは手放しで喜んでいる。これはもちろん映画の『座頭市』のコミカライズで、てっきり描き下ろしと思い込んでいたのだが、今回復刻されたものの解説に少年誌に掲載されたことが出ていて意外だった。『座頭市』って少年誌でコミカライズするような映画だったのかね。
 それはそうと、平田作品の特徴はひと言でいって「残酷」。といってもことさらにそれを強調して描いているということではなく、リアリティを追求するが故の残酷描写であるから、ある意味必然というべきだろう。時代劇であるから刀で切り合うシーンもあるわけで、テレビや映画のように切られても血も出ないような描写は平田には描けなったということである。刀で切られれば血が吹き出すし、時には腕や首がばっさり落ちる。
 貸本劇画時代にはこういった残酷描写を問題視して、「貸本撲滅運動」のようなこともあったようだが、猥褻問題同様、残酷描写も内容に関わりなく、その描写だけを捕らえて批判されてしまったようだ。
 現在、平田作品は海外でも高く評価され、翻訳もされている。国内ではどうも1部のファンや熱狂的なマニアだけが支持しているようで、一般的な評価という点ではもうひとつ浸透していない感がするのであるが、それでも単行本未収録の作品が復刻されたりしてきているので、これからもますます新しい読者を獲得していくのではないかと期待はしている。残酷だけではない、平田のストーリーテリングは時代を超えて読み継がれるものだという確信がある。
 一時期、「劇画」という言葉も消えかけたが、ここ1、2年でまた復活してきているようだ(といってもかつての劇画作品や作家に対してだけ使われているような気もする)が劇画というものがどんなものを指すか、平田作品を手にとれば一目瞭然だろう。これはまさに「劇画」そのものである。
[おわり]
・最近は「マガジンファイブ」から『駿河城御前試合』として南條範夫原作作品が上下巻で、「青林工芸社」からは平田弘史傑作集として『それがし乞食にあらず』ほか全3巻が刊行されている。

« 月光 | トップページ | 祈祷師のために »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫目ユウの新・本大好き!:

« 月光 | トップページ | 祈祷師のために »

いらっしゃいませ

  • :
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

BEST リンク

オススメっ!

黙って聞け

  • ヒデ夕樹: スーパーベスト
    ヒデとロザンナで知られるヒデはソロ活動で、アニソンを歌っていたことでも知られるが、そんな彼の代表的な作品を1枚に。「この木なんの木」も2ヴァージョン収録。 (★★★★)
  • 佐井好子: 胎児の夢/蝶のすむ部屋
    伝説のシンガーソングライター・佐井好子の傑作アルバム「胎児の夢」とラストアルバム「蝶のすむ部屋」をカップリングしてCD化したもの。 コレを聞かずして日本のフォークは語れません。 (★★★★★)
  • PANTA: 2002/NAKEDTOUR
    PANTAの2002年、迫力のライブ! (★★★)

星空

あし@

  • あし@

タグふれんず

ランキング

  • :
    RSS feed meter for http://a-s.cocolog-nifty.com/another_style/ ちょっとクリックしてみて!
無料ブログはココログ